メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Fuki嬢3部作-Dragon Guardian,Light Bringer,Unlucky Morpheus 

 @嬢系の読者様はむしろ知らない人の方が多いかもしれないが、一部マニアやアニソンファンの間ではちょっとした人気を誇る日本のV系ロックバンド・Light Bringerのヴォーカルを務めるFuki嬢。その彼女が参加するアルバムが今年5月~6月にかけて3枚立て続けにリリースされてます。


LB.jpg


 このFuki嬢、決して歌が上手いとは言えないのだが(曲によって差は激しいが)、元々が萌え系のアニメ声であるコトに加えて、細い声を懸命に張り上げて歌うスタイルが何とも健気で、その容貌も相まって萌え度はかなり高く、私も実は隠れファンの一人なのです^^

 その彼女がヴォーカル参加している3バンドの新作がリリースされてますので、以下にご紹介。果たして知っているメタラーさんはいるか!?


Dragon Guardian / 『Dragonvarius』 / 3rd

DRAGONVARIUSDRAGONVARIUS
(2009/05/27)
DRAGON GUARDIAN

商品詳細を見る

myspace

 リアルショップに陳列されていたら間違いなくスルーしてしまいそうなジャケデザだが、3部作の中では一番Fuki嬢のヴォーカルが決まっている作品。中心人物はギタリストの「勇者アーサー」なる人物なのだそうだが、「ファンタジーメタル」と恥ずかしげもなく公言してしまう通り、いわゆるRPGストーリーをコンセプトにしたコテコテのメロスピメタル。Dragon Guardianとしては3rdに当たるが、Fuki嬢参加は本作からです†
 「Fuki嬢って実は歌上手かったのか?」と思ってしまうぐらい、彼女の熱唱Voがバッチリハマってます。難点としては結構な割合でダサダサな男声ナレーションが入ってしまうところだが、それさえ除けば結構な名盤と思われます。




Unlucky Morpheus / 『So That a Star Shines at Night Sky』 / 2nd /

STASSAN.jpg

official

 基本コンセプトが「アニソン・メタルカヴァー・バンド」なので、上記Dragon Guardian以上に聴く人を選びそうな気はするが、意外に演奏陣のレベルが高く、一つの作品としてなかなか良質なメタルソングになってます。アニソンカヴァーというコンセプト上、Fuki嬢のVoもかなり萌え系寄りで、ハマる人はガッツリハマってしまうだろう。(逆に言えば受け付けない人は受け付けないと思う)
 収録曲は「Rumbling Hearts , 風のゆくえ , Blue Tears , 星空のワルツ , Sweet Passion , Next Season」に加えてイントロ・アウトロのインスト2曲。アニメファンの人がいたら大変申し訳ないが、1曲たりとも原曲知りません!w
 




Light Bringer / 『Tales of Almanac』 / 1st

Tales of Almanac(テイルズ・オブ・アルマナック)Tales of Almanac(テイルズ・オブ・アルマナック)
(2009/06/13)
LIGHT BRINGER(ライトブリンガー)

商品詳細を見る

myspace

 Fuki嬢の本籍バンド、Light Bringerの1stフルアルバム。本来ならこの作品が一番重要なはずなのだが、どうも私はあまり受け入れられず…^^; ↑2枚に比べて再生頻度はガクンと落ちます…
 元々Fuki嬢に歌の上手さは求めていなかったので音程の怪しさは別にどうというコトはないのだが、このテイストならばむしろ以前のEPやデモ盤の方が音楽としては良質だったのではないか?と思えてしまう。
 ただ萌え度だけは異常に高いので、気になる方はマイスペ等々をチェックしてみると良いでしょう。
 Amazonにはレビューが付いていなかったようなので、付けときました↓


【☆・ω・★】━─━─━女台━─━─━【★・ω・☆】
Dragon GuardianにUnlucky Morpheusと、サイドプロジェクトにも大忙しなヴォーカリスト・Fuki嬢だが、本作は彼女の本籍バンドとも言えるLight Bringerのデビューアルバムです。
よりキャッチーに、よりポップに、普遍性を獲得した音楽性…ではあるのだが、個人的にはこのテイストならばむしろ若干の難解度が窺えたEPやデモ盤の方が音楽としては良質だったのではないかという気がします。
とは言えサウンドプロダクション・演奏力いずれの面でも向上しているので、ファンの方は要注目!
決して上手いとは言い難かったFuki嬢のVoも今回作では若干の成長が感じられ、また相変わらずハンパじゃない萌え度を有しているので、その辺りは聴き所です。
【☆・ω・★】━─━─━糸冬━─━─━【★・ω・☆】


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

 さて、今回はかなり濃い目の記事になってしまいましたが、いかがだったでしょうか?^^;

 多分好き嫌いのはっきり分かれる3作品だと思いますが、ハマる人はとことんハマるだろうと思われるので、嬢Vo好きな方は一度チェックしてみて下さい。

 ちなみに私は↑3作全て所有しております。嬢Vo好きは自認しているが、それでも時々自分が怖くなる時がありますよ…(;゚∀゚)アハハ八八
スポンサーサイト
Posted on 2009/09/05 Sat. 16:30 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 8

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。