メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Dynabyte 『2kx』 

去年のリリースだけどこれは名盤。



イタリアのインダストリアルメタル、Dynabyteの『2kx』。ヴォーカルは言わずと知れたCadaveria嬢。

2kx2kx
(2011/05/24)
Dynabyte

商品詳細を見る


個人的にはCadaveria(この場合はバンド名を指す)やOpera IXの方を何とかして欲しいと思うのだが、本作もこれはこれでインダストリアルとして傑作なので、素直にリリースを喜びたい。

前作『Extreme Mental Piercing』を聴いたことがないので比較はできないが、今作は約6年ぶりになる2ndアルバムなのだそうだ。

インダストリアルと言うのかデジタルロックと言うのか、とにかく程よく騒々しいサイバー感がたまらなく心地良い。リフの切れ味も抜群で、素直にカッコいいと思えるストレートな曲が多い。

さすがにOpera IXやCadaveriaのような暗黒色は薄いが、そこは何と言ってもCadaveria。激しいデスヴォイスなのに妙に耳障りが良いという、EthsやOtepとはまた一味違った独特のグロウルが堪能できる。

メロディアスなクリーンVoもかなり多く、一部ポップであったりコミカルであったり、Cadaveria嬢の多彩な表現力に陶酔できる作品とも言える。

個人的にはもう少し中~高域のヴォーカルが欲しかった気もするが、このサイバーチックな世界観とダークゴシカルな嬢Voにとりあえずは満足である。

本アルバムからのシングルであるM8.The Mummyは以下のアドレスからフリーダウンロードが可能なので(要E-Mail登録)、購入を検討する際は事前にDLするのも良いだろう。

http://www.dynabyte.it/web/category/music/



Dynabyte@Myspace
Dynabyte@Web
Dynabyte@Youtube
Dynabyte@Facebook






雰囲気が似ているような似ていないような何かそんな感じのアーティスト:
Velcra, Lahannya, Angelspit,
スポンサーサイト
Posted on 2011/11/17 Thu. 22:21 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

How to Destroy Angels 

風邪で大変ですよ。でも風邪薬飲むとそれはそれで大変><

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

アメリカのインダストリアルユニット、How to Destroy Angelsの6曲入りEP(タイトルは特にないみたい)

How to Destroy AngelsHow to Destroy Angels
(2010/07/09)
How To Destroy Angels

商品詳細を見る

How to Destroy Angels - myspace : http://www.myspace.com/howtodestroyangels
How to Destroy Angels - official : http://www.howtodestroyangels.com/


あまり詳しい来歴は知らないし、再生頻度もそう多くはないのだが、時々無性に聴きたくなるこのインダストリーなサウンド。

ノイジーに、そしてサイケデリックに飛び交う電子音。時に艶っぽく語りかけるそのダークアンビエントなサウンドは、まるで聴く者を別世界へ誘うが如く。絡み合う妖艶な女性Voも、囁くような静けさと裏腹に確かな存在感を漂わせる。

首謀者であるNine Inch NailsのTrent Reznor氏の真意は定かではないが、恐らくはこの手の音楽の先駆者と言われるCoilの作品からバンド名を拝借したのであろう。ちなみにVoのMariqueen Maandigは彼の妻なのだそうだ。

メタルならともかく、単なるインダストリアルにはあまり興味のない私だが、エレクトロなサウンドと嬢Voが組み合わさった時、そこには絶妙に心地良い空間が生まれると思う。
(そう言えばテイストは全然違うけど、一時期Angelspitなんかをよく聴いていた)

本EPは公式サイトにて無料DLが可能なようなので、興味のある方は一度聴いてみると良いでしょう。(私は購入後にその事実を知ったのであった、、、)





それにしてもなんてステキなPV
Posted on 2010/09/13 Mon. 23:52 [edit]  /  TB: --  /  CM: 4

pagetop △

Dark Orange 『Clouds, Paperships and Fallen Angels』 

今回のはメタルでもロックでもないよ。

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

ドイツのDark Orangeによる17年ぶりの新作、『Clouds, Paperships and Fallen Angels

DO2010.jpg
Dark Orange - myspace : http://www.myspace.com/darkorange


恥ずかしながらこういうジャンルを言い表す適切な言葉を私は知りませんが、初めて聴いた瞬間頭に浮かんだのは、アンビエントとかアトモスフェリックとかそんな言葉。

マイスペのジャンル項目には「Melodramatic Popular Song」という表記が窺えますね。メロドラマティック・ポピュラーソング。ん~、分かるような、分からないような。。。

精一杯自分なりの言葉で表現するなら、ふわふわとしてメランコリックな癒しの音楽といったところでしょうか。何か子供の作文みたいだけど、ホントにそう思うのだから仕方がない。

幻想的な空間を醸成するkey & シンセギター。儚げだが存在感のある女性Vo。私の中ではヒーリングミュージックに近いところにカテゴライズされています。

サウンドは全然違うけど、雰囲気的にはThe Birthday Massacreを連想する部分もあり。とにかく雰囲気に浸れる名盤だと思います。

目を閉じて聴いていると、まるで身体が浮き上がるような浮遊感を感じます……。ああ、うっとりするよホント。。。
Posted on 2010/07/31 Sat. 17:18 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

The Birthday Massacre/Warking with Strangers 

 新年一発目のレビュー記事がこれで良いのだろうかとちょっと躊躇してしまうが、好きなものは好きなので仕方がない。

 カナダのアーティスト、The Birthday Massacreの3rd『Walking with Strangers』である。

 myspaceのカテゴリでは「Alternative / Electronica / Industrial」となっているが、ジャンルに疎い僕はそれがどんな音楽を指すのかよく分からない。

 雰囲気で言うと浮遊感のあるメランコリックで哀愁漂うアダルトテイストだ。余計分かりにくいか。

 嬢ヴォーカルではあるがシャウトではない。重低音ではあるがメタルではない。僕の嗜好からすると微妙なポジションのはずなのだが、これが妙にツボにはまったのですよ。

Walking with StrangersWalking with Strangers
(2007/09/11)
The Birthday Massacre

商品詳細を見る
-- 続きを読む --
Posted on 2009/01/04 Sun. 02:35 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。