メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Crysalys 『The Awakening of Gaia』 

頭いたーい。



イタリアのシンフォニックメタル、Crysalysの『The Awakening of Gaia』。デビューアルバムにしてこのクオリティは凄い。



オペラティックVoは個人的にあまり好みではないが、このバンドに関する限り、オペラティックVoでないとこの迫力は出ないと思う。それぐらい嬢Voと楽曲のマッチングが絶妙。

音楽的にはArt in Exileのようなエクスペリメンタルな部分やメタルコアチックなリフも含まれるものの、基本的には壮麗なシンフォゴシックの趣と言って良い。

ギターリフはかなりザクザクと重く切り刻むタイプであり、エレクトリックな打ち込み音と相まって分厚いアンサンブルを形成している。細かく刻まれるバスドラムの音がテクニックの高さを想像させる。

嬢Voは終始ソプラノというわけではなく、要所要所で地声が披露されるのだが、これがまた力強くて魅力的である。(猛々しいのとは違う)

エレクトロの組み込みもセンスが良く、壮麗なシンフォニックもけたたましさは感じさせない。嬢Vo含めてバンドサウンドに隙はないと言えよう。

個人的にはM8.Time for Vulturesが気に入った。メタルコア・インダストリアル・エレクトロ・シンフォゴシックが奇跡的なレベルで凝縮された名曲。

末恐ろしいアーティストの誕生である。



Crysalys@Myspace
Crysalys@Web
Crysalys@Youtube
Crysalys@Facebook






雰囲気が似ていないこともないアーティスト:
Benighted Soul, Abstrusa Unde,
スポンサーサイト
Posted on 2011/12/04 Sun. 01:56 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

Grey November 『The Fall of the House of Usher』 

一日震えながら仕事してました。寒過ぎ!



フランスのダークアンビエント、Grey Novemberの『The Fall of the House of Usher』。

the_fall_of_the_house_of_usher.jpg
A dull, dark, and soundless day.._Sample by Grey November - Looking for a label

重く暗い世界で孤独に響き渡る美しい女性ヴォーカル。ゴシカルでありドゥーミーであるという点ではAva Inferiに近いものはあるが、こちらの方がよりダークアンビエントの色合いが濃い。

個人的なイメージでは、薄暗い(まさしくグレーな)世界の中を延々と揺蕩っていて、時折レンブラント光線のような微かな光が射す、といった仄暗くもどこか神聖な情景。

鬱系ブラックの要素も一部入っており、決してテンションを上げたい時に聴くようものではないが、少し世間の喧騒から離れたい時など、ミステリアスで幻想的なこんな世界へ逃避するのもたまには良いのではないか。

クラシック的なシンフォニックにアコースティックギターのアルペジオ。時にプリミティヴなノイズギター。そして何と言ってもMarieke嬢の哀しみを帯びた美しいヴォーカルが絶品である。

男性Voの語りも部分的に入っているが、個人的にはあまり気にならなかった。

特筆すべきはタイトルナンバーでもあるM6.The Fall of the House of Usher。ドゥーミーな展開で幕を開け、ダークアンビエントな中間部を経て徐々に狂気を増して行き、終盤にはブラストビートを交えた爆発的な展開を見せるという、珍しいナンバー。これにはしてやられた。

一般的に受ける作品では全くないが、女性ヴォーカルものが好きな人、薄暗いゴシカルな音楽が好きな人は一聴してみる価値はあると思う。私個人の評価は当然ながら星五つである。


ちなみに購入は以下のアドレスにて5ユーロで可能です。(今だと520円ぐらい?)

http://vibedeck.com/greynovember



Grey November@Myspace



「雰囲気あるよねー」って感じのアーティスト:
Ava Inferi, Dark Sanctuary,
Posted on 2011/11/26 Sat. 00:54 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

Ashentide 『Ashentide』 

外寒っ!



アメリカのシンフォニックメタル、AshentideのデビューEP『Ashentide』。




甘く優しく柔らかく、それでいて高音が果てしてなく伸びるしなやかな強さを持ったLenore嬢のヴォーカルが大変心地良い。一目惚れという言葉があるが、あれの聴覚バージョンは何と言えば良いのだろうか。一聴惚れ?

音楽のジャンルとしては、本人達はシンフォニックメタルあるいはゴシックメタルという認識のようだが、そこまでけたたましく強調されているわけでもなく、メロディックメタルやオルタナティヴロックと言っても間違いではないように思う。

ただ、M3.Purgatoryだけは間違いなくシンフォニックメタルである。(それもかなりダーク寄りな)そこはかとないプログレ感をも覗かせていることから、単なる一ジャンルには収まらないという意気込みが見え隠れしていて、先が楽しみなアーティストだと言える。

それだけに、今作はミックスの残念さ加減が悔やまれる。曲も良いし嬢Voも良いのだが、ギターのエッジが立ち過ぎていて、せっかくの持ち味であるふんわりとした雰囲気を壊してしまっている。

それさえ除けば(新人であるという点を多少大目に見て)本作は充分に良作と言える。アルバムがリリースされた暁には、私は必ず購入するだろう。



Ashentide@Myspace
Ashentide@Web
Ashentide@Facebook



ComScore


雰囲気めいたものが似ているアーティストめいたもの:
Akin, Alight, Autumn,
Posted on 2011/11/21 Mon. 21:29 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

Benighted Soul 『Start From Scratch』 

良いバンドがいっぱいいるのですよ。



フランスのダークシンフォニックメタル、Benighted Soulの『Start From Scratch』。




デモ盤を聴いていた時から「この人達はいずれとんでもないモノを造り出すのではないか」との予感はあったのだが、やはりその通り快作を放ってきた。Unexpectとまでは行かずとも、2011年のかなり上位にランクインする名盤である。

基調となるのはDarzamatやDimlightのようなダークゴシックであるが、メロブラだったりエレクトロだったりプログレだったり、様々な要素が盛り込まれていて一種カオスの様相を呈している。が、だからと言って騒々しいのかというとそんなことはなく、整然と整った調和を感じさせるのだから素晴らしい。

Darzamatにエレクトロとプログレの要素をミックスしたようなイメージだろうか。そしてこのプログレ感は、発展するとUnexpectのようなバカテクアヴァンギャルドへと行き着きそうなヴィジョンさえ見え隠れする。

音楽的には難解であり複雑であるため、一般的な評価は必ずしも高くないだろうが、分かる人にだけ分かる、そんなバンドになってくれたらいいと思う。私は当然大好きだ。

クセのある不気味な音階を多用した、動きの激しいアンサンブルが高い中毒性を持っていると思う。嬢Voに関しても、力強さと美しさのバランスがちょうど良いのではないか。

今後の動向に要注目のアーティストである。



Benighted Soul@Myspace
Benighted Soul@Web
Benighted Soul@Youtube
Benighted Soul@Facebook






雰囲気のようなものが似ているアーティストのようなもの:
Darzamat, Dimlight, Trail of Tears,
Posted on 2011/11/19 Sat. 20:19 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

Dotma 『Sleep Paralyses』 

仕事の方がヤバい感じになってきました。



フィンランドのシンフォニックメタル、Dotmaの『Sleep Paralyses』。

Sleep ParalysesSleep Paralyses
(2011/03/22)
Dotma

商品詳細を見る


仄かに香る北欧土着性、Leaves' Eyesのリヴ嬢を思わせる美しいヴォーカル、壮大なクワイア、流麗なシンフォニック。男性ソロVoが全くもって不要であるという点を除けば、星4つは確実に付けることができるだろう。(Amazonレビュー的な意味で)

パワーメタルばりの疾走パートもなくはないが、大部分はゆったりとしたバラードタイプの曲である。ただし、M6.The Caveには一部ブラストビートが出てくるが、楽曲へのマッチングが絶妙なため違和感は全く無かった。

メロディー構築の手法にもセンスを感じるし、シンフォニックパートやギターパートの絡ませ方も説得力があって良い。

これがデビュー盤であることを考えると、今後の行末には大いに期待して良いアーティストと言える。ただ、一歩間違えるとLeaves' Eyesの物真似バンドになってしまう可能性があるので、私個人としてはこの仄かな土着性を維持しつつ、少し違った方向へ発展させる方が良いのではないかと思う。

メンバーの中には他バンドでの実績がある者もいるようなので(Amberian Dawnとか)、その面での心配はないだろう。後はこのメンバー同士が良い化学反応を起こすかどうかだ。

あまり褒めているようには見えないかもしれないが、私の評価を改めて述べておくと、限りなく星5つに近い星4つである。(Amazonレビュー的な意味で)



Dotma@Myspace
Dotma@Web
Dotma@Youtube







雰囲気みたいなものが似ているかもしれないアーティスト:
Leaves' Eyes, Elis, Nightwish,
Posted on 2011/11/18 Fri. 21:09 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。