メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

頑張れジャパメタ勢! 

えー、お久しぶりです……えっと、半年振り……かな?

あははー、いやまあ、PCトラブルで1ヶ月くらい更新ストップしたんだけど、一旦更新が途絶えるとモチベーションを元に戻すのが億劫で、PC直って以降もずっと放置状態でした……

んが!そんな個人的事情はどうでもい~い!!今回半年振りに更新しようと思ったのは他でもない、我がニッポンの嬢メタルも少しずつレベルが上がってきているのではないかと最近強く思うからなのです!

まあ、贔屓目っていうのはどう考えてもあるだろうけど、やはり日本に住んでる以上はニッポンのメタルを応援したいではありませんか!

W杯もニッポンは頑張ってくれたし、メタルシーンでも更なる飛躍を遂げて欲しいと強く願う!


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

Midnight Circus(ミッドナイト・サーカス)Midnight Circus(ミッドナイト・サーカス)
(2010/05/29)
LIGHT BRINGER

商品詳細を見る


まずはコレ。Light Bringerの2ndフルアルバム、『Midnight Circus』。(⇒Light Bringer - myspace

前作『Tales of Almanac』も当ブログでレビューしましたが(→記事はこちら)、今作は一段と彼らの「メタル」の部分を深化させた良盤となっております!

前作のテイストからして、私はてっきりポップロック路線で今後行くのだろうと思っていたから、この変化には正直ビックリでした。

マイスペで試聴できる#2.Resistanceを聴いても分かる通り、本作はDragon Guardianにも通じるメロスピチックなアルバムとなっております。

そして何よりヴォーカルのFuki嬢!!力強く、説得力を増したその歌声は、メタルテイストの今作にばっちりマッチしています!萌え度は失われてしまったが、その分ヴォーカルとしての説得力は何段階もレベルアップしている!

一つ残念なのは、全9曲収録の内2曲はがインストであり、Fuki嬢のファンとしては少し物足りなさを感じるアルバムだったということ。(内2曲はボートラだしね……)

前作と比較するとその変化に驚かされた人も多いと思うのだけど、ダークであり、メタルであり、そしてメロディアスである本作は間違いなく彼らの最高傑作であると私は断言します!

バックの演奏も結構凝っていて、メタルとして面白い作品になっていると思います。(歌謡曲テイストな歌メロも当然ありますけどね!)


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

真実の石碑真実の石碑
(2010/07/21)
Dragon Guardian

商品詳細を見る



んでもう一つはコレ。Fuki嬢の参加しているメロスピプロジェクト・Dragon Guardianの4thアルバム(だよね?)、『真実の石碑』。

現時点ではまだ発売になっていないが、マイスペースでクロスフェードが公開されており、本作の雰囲気に多少なりとも触れることができます。(Dragon Guardian - myspace

前作『Dragonvarius』も私は大好きだったが、それを凌ぐ良盤になるであろうことは想像に難くありません。

ただ、賛否両論だった「語り」が今作もばっちりフィーチャーされているっぽいのは私的には残念なポイントですがw

まあ、マイスペ試聴する限りはそれを補って余りあるほどの作品になっていると思うので、購入はケテーイですね!


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

GoddessGoddess
(2010/03/24)
Area51

商品詳細を見る



で、こちらはまた別のアーティストだけど、Area51の3rdアルバム、『Goddess』。(⇒Area51 - myspace

失礼ながら最近まで全然聴いたことなかったアーティストなのだけど、聴いてみると、まあなかなか良いじゃないですか。

メロスピであることは間違いないのだが、意外にバックの演奏が凝っていたり、歌メロもなかなか一筋縄ではいかない音運びになっていたりして、結構スルメ盤的な味わいを楽しめます。メロスピでそんな味わいを醸し出せるアーティストって実はなかなか居ないと思うのですよ。

何よりVo嬢Kateの透明感のある歌声が好きですね。それでいて弱々しい感じではなく、曲の雰囲気に合った絶妙なヴォーカルではないかと。

何でも昔はもっとクサい系のメロスピだったらしいのだけど、バランス的には今が一番良いのではないかと私は思います。

ま、過去作を聴いてないのにウダウダ言ってもしょーがないので、過去盤今から聴きマ~ス


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *


さてさて。@嬢系、とりあえず仮の復活を遂げましたが、次回更新の予定は全然ありません。^^;

まあ1ヶ月以上間が開かないように細々と続ける……というのは漠然と思ってるんですが、それが3日後なのか10日後なのか30日後なのかは私にも分かりません。

気が向いた時にまた更新するので、暇で暇で仕方ない時にでもたまに覗いてくれると嬉しいです^^

そうそう、最近日本の同人音楽を聴き漁っているので、その辺の話もできたらいいな~と思ってます。。。


ではまた、あでゅ!!


<追記>
更新ストップしている間にもコメントを下さった方々、大変有難うございます
ご心配かけてすみません
この通り元気しておりますので、またよろしくお願いします!
更新の方はまあ…アレですが^^;気長にお付き合いくださいませ~
スポンサーサイト
Posted on 2010/07/11 Sun. 18:03 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 12

pagetop △

MFVF出演アーティスト作品で勝手に盛り上がってみる企画② 

 先日に引き続きMFVF特集第二弾。今回は18日(今日じゃん…)出演のアーティスト特集。

 一日目より結構重量感がありまっせ!


Trail of Tears / Bloodstained Endurance
Bloodstained Endurance
お気に入り度 : ★★★★☆
ノルウェーのゴシックメタル、Trail of Tearsの2009年作6th。ダークで退廃的な旋律をパワフルに歌い上げる嬢Voと、悲痛な唸り声を上げる漢グロウル。基本的に男Voは要らない派なので別に漢グロウルに関して言うコトはないのだが、一般的には好まれるタイプかもしれません。ヘヴィで重厚なサウンドも良好であり、メタルとしてなかなか良質な作品です。


Van Canto / Hero
Hero
ドイツのアカペラ・メタル(と本人達は言っているらしい)、Van Cantoの2008年作2nd。楽器を演奏しているのはドラムのみで、後は(ベースとかギターとか)全て5人のヴォーカリストの歌声で表現しているという異色のユニット。レベルは高い。上手い。そう思う。Amazonのレビュアー評価を見ても「笑ってなどいられない!」と書いてあって、多分その通りなんだろうと思う。思うのだけど、聴くとやっぱり笑ってしまう私はレベルの低いリスナーなのでせうか…。ボイスエフェクターなんかを使って様々なサウンドを表現したり、凝っているのは分かるが、やはりバンド(メタル)サウンドを求める人間としては手を出し難いぜよ…><


Stream of Passion / The Flame Within
The Flame Within
お気に入り度 : ★★★★★
オランダのゴシックメタル、Stream of Passionの2009年作2nd。メンバーががらりと入れ替わったコトにより音楽性はかなり変わりました。独特のルカッセン色はなくなったが、より一般的で普遍的な音楽性を獲得したと思います。1stはかなりマニア向けな部分がありましたが、2ndはより聴き易くなったゴシックメタルです。どちらも名盤であり、マルセラ嬢の癒しVoが遺憾なく発揮されているので、両方とも「超」オススメです。


Darzamat / Solfernus' Path
ソルファーナス・パス
お気に入り度 : ★★★★★
ポーランドのダークゴシックメタル、Darzamatの2009年作5th。シンフォブラックとダークゴシックの二本柱で発展してきた音楽性の集大成と言える傑作だと思う。嬢Voの出番がもっと多ければ「神盤」の称号を与えても差し支えなかった程の名盤。前作までは演奏的に不安な部分もあったが、今作ではそんな部分はありません。10年選手に相応しいだけの実力を身に付けたと思います。


Deadlock / Manifesto
Manifesto
お気に入り度 : ★★★★★
これはもう超メジャー級ですね。ドイツのメロデスバンド、Deadlockの2008年作4th。前作との比較からか、本盤の評価については賛否両論あるようだけど、私はお気に入りです。とにかくザクザクしたギターサウンドと、微妙にデジタライズされた質感がステキ。(言うまでもなく、一番ステキなのは嬢Voですが)


Coronatus / Porta Obscura
Porta Obscura
ドイツのシンフォメタル、Coronatusの2008年作2nd。自分のイメージではもっと昔にデビューしてたような印象だったのだが、改めて歴史を見直してみるとデビューアルバムは2007年なんですな。
二人の嬢Voにより麗しく展開される壮大な楽曲。ステキな作品だと思うのだが、何故自分はコレを持っていないのだろう…。お金がなかったのかな。


To-Mera / Delusions
Delusions
お気に入り度 : ★★★★★
イギリスのプログレメタル、To-Meraの2008年作2nd。一般的には敷居が高い難解な音楽と思われるが、その分中毒性はかなり高い。嬢Voも演奏陣もかなり高いテクニックの持ち主であり、ジャズ的なリズムも難なくこなしてしまう辺り素晴らしいと思う。Diablo Swing OrchestraやUnexpectのようなオペラティックVoでない所が個人的には嬉しい。


Lahannya / Defiance
Defiance
イギリスのインダスロック、Lahannyaの19日(明日!)発売予定の2nd。インダスロックは定期的に聴きたくなる分野で、最近実はVelcraとかAngelspit(そう言えば新作出たよね?)とか、再生頻度が結構高いです。(もちろんLahannyaの1stやEPも)
まだ発売前なので評価できないが、超楽しみ!^^(もう届いてる人もいるのかな?)


Leaves' Eyes / Njord
Njord
お気に入り度 : ★★★★★
ドイツのゴシックメタル、Leaves' Eyesの2009年作3rd。すごくいいアルバムです、これ。大陸の香りを感じる壮大なテイストに、(感覚的な意味で)力強さを増したリヴ嬢のVo。方向性としてそんなに前作から変わっているとは思わないが、説得力が増したと思う。まだ実はそんなに聴き込んでいないのだが、若干エスニックな要素が加わった…かな?


Doro / Fear No Evil
Fear No Evil
もはや解説の必要はありますまい。ヘヴィメタ女王、Doroの2009年作。もうこれ何作目になるのかな?10作目?11作目?
「大御所には手を出さない」という偏屈者な私はこの作品を持っておりませんが、パワフルな歌声が披露されているのは想像に難くないですね。聴いた人どうよ?


Tarja / My Winter Storm
マイ・ウィンター・ストーム
皆さんご存知、世界のターヤです。↑で書いたような実にいい加減な理由でこの作品を持っておりませんが、きっとステキな世界が繰り広げられているのでしょう。
ああヤバイ…マイスペ試聴するとどうしても…欲しく…なるぅ…
ところで持っている方にお聞きしたいのだが、彼女のソロ作品はメタルなのかい?


+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:


 さて、以上でMFVF特集は終わりです。

 星(★)の数を見て頂ければ分かる通り、1日目より断然2日目の方がお気に入りアーティスト多いです^^

 こんなステキなフェス、是非日本でもやって頂きたいと思う。

 多分潜在的嬢メタラーの方はたくさんいらっしゃると思うので、後は声に出して訴えれば良いのです!(多分…)
Posted on 2009/10/18 Sun. 19:53 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 8

pagetop △

MFVF出演アーティスト作品で勝手に盛り上がってみる企画① 

 今年のMetal Female Voices Fest(早い話が嬢版メタルフェス)が10/17,10/18に行われます。

 ベルギーなんてどうせ行けないし勝手にやっとれ、と拗ねた子供みたいにこの話題を避けている私だが、アーティストのマイスペをチェックすると否が応でも目に入る宣伝。

 そこで今回は出演アーティストの作品を勝手に特集して少しでもMFVFの雰囲気を味わおうという後ろ向きな企画。

 結構ボリュームのある出演陣なので、まずは17日版から。(アーティスト名にマイスペリンクを仕込んでますので参考に)


Delain / April Rain
エイプリル・レイン
お気に入り度:★★★★☆
オランダのシンフォゴシック、Delainの2009年作2nd。キレイ過ぎるほどキレイな旋律に透明感のある歌声。傑作と称しても良いほどの出来だと思う。壮大なオーケストラにヘヴィなサウンドはライヴでも大いに盛り上がるでしょう。洗練された音楽だと思います。


Krypteria / My Fatal Kiss
MyFatalKiss.jpg
ドイツのゴシック/パワメタバンド、Krypteriaの2009年作4th。悪いアーティストだとは思わないが、微妙なパワメタ感が気になり、結局今に至るも購入に踏み切れず。私にとってはほとんど未知数のアーティストだが、結構ファンが多いようで、意外に(と言ったら失礼だが)盛り上がるかも…?


Midnattsol / Nordlys
ノルドリィ
ドイツのシンフォメタル、Midnattsolの2008年作2nd。マイナーバンドだとばっかり思っていたら、既に日本盤が出ているんですね。素晴らしい。でも持ってないよ>< 自分の中では何故かパワメタに分類されていたアーティストだが、フォーキーなゴシックというのが正しい理解…かな?まあ持ってないから何とも言えませんな。とりあえず買おう。


Autumn / Altitude
Altitude
お気に入り度:★★★☆☆
オランダのゴシックメタル、Autumnの2009年作4th。上半期に数回リピートして今やほとんど聴かなくなったので、いまいち記憶に残っていないのだが、ゴシックであると同時にオルタナティヴなテイストも結構強かったと思う。MFVFのラインナップの中では地味に埋没しそうな雰囲気はあるが、そこは10年選手の意地を見せてほしいと思う。(メンバー代わってるけど)


Amberian Dawn / The Clouds of Northland Thunder
ザ・クラウズ・オヴ・ノースランド・サンダー
お気に入り度:★★★☆☆
フィンランドのパワメタバンド、Amberian Dawnの2009年作2nd。パワメタはついつい避けがちな私だが、それは何も嫌いだからではなく、瞬間的に飽きる確率が高いから。事実今やほとんどリピートしなくなったが、購入当初は頻繁にリピートしたし、このブログでも絶賛っぽい記事を書いたと思う。一発の盛り上がりを見せるには充分な出来だろう。コテコテのメロパワだが、ヴォーカル含めメンバーが実力派であるため、結構聴き心地は良い。


Flowing Tears / Thy Kingdom Gone
Thy Kingdom Gone
お気に入り度:★★★☆☆
ドイツのゴシックメタル、Flowing Tearsの2008年作4th。過去作を全く知らないのであんまり迂闊なコトは言えないのだが、重厚で薄暗い雰囲気が良好だったように思う。ただ、どちらかと言うと低音Voが主であり、いまいち萌えどころがないというのが残念なところ。決して悪くはないが、MFVFのメンツの中ではやや埋もれがちか。


Manic Movement / Dark Glitter
dark_glitter.jpg
お気に入り度:★★★★☆
ベルギーのシンフォメタル、Manic Movementの2009年作4th。ダークで陰鬱としたゴシカルテイストは大好きなのだが、新加入した嬢Voの音程がかなり怪しいのが残念なところ。もう少し歌の修練を積んでくれればきっとすごいバンドになると思う。


Pinky Dooble Poodle / 1,2,3,Go!
123go.jpg
出演バンドの中で唯一名前を知らなかった人達。っていうかゴメン、見たコトも聞いたコトもないよ>< 誰この人達?
…で一応調べてみたら、日本のパンクロックバンドみたいですな。MFVFに出演するからには当然嬢Voなワケで、俄然興味は惹かれるのだが、マイスペで試聴してみると…うーん、何か演奏がとても聴いてらんねー><
まあ、大して知りもしないのに毒を吐くのはあまりよろしくないので、これ以上は申しません。もう少し勉強するよ。


Unsun / The End of Life
ジ・エンド・オヴ・ライフ
お気に入り度:★★★★☆
ポーランドのゴシックメタル、Unsunの2008年作1st。マウザープロデュースによるゴシックメタルということで、去年は大ブレイクしましたですな!風を感じる爽やかなゴシックメタルで、Whispersなんかは今でも時々聴きたくなります。


Whyzdom / From The Brink Of Infinity
From the Brink of Infinity
お気に入り度:★★★☆☆
フランスのシンフォメタル、Whyzdomのデビューアルバム。2009年作。ヘヴィなサウンドに壮大なシンフォニックがかなりイイ感じなのだが、嬢Voが下手くそなのが惜しい。もう少し修練を積んだら神懸り的な魅力を発揮すると思う。サウンドは割と完成されている感があるので、後はTelya嬢次第である。


Kivimetsän Druidi / Shadowheart
Shadowheart
フィンランドのシンフォニック・フォークメタル、Kivimetsän Druidi
の2008年作1st。昨年末辺りに興味を持って色々調べてたはずなんだが、結局買い逃している。今マイスペをチェックしてみても、特に回避するほど悪いアーティストではないので、多分男Voが気に食わないとかいう理由で避けたんだと思う。演奏はむしろ激しくて上手いし、嬢Voの歌声も(若干音程が怪しいが)聴けるレベルなので、そのうち購入しようと思う。


Epica / Design Your Universe
Design_Your_Universe.jpg
もはや王者の風格すら漂うオランダのゴシックメタル、Epicaの5th。まだリリース前だが、確かもうそろそろ発売だったはず…と思って調べたら、10月16日…え?明後日じゃん!10月末ぐらいに(勝手に)思ってたから注文してないぞしまった!
えー、まあ、その、現在マイスペでティーザーが公開されているので気になる人はチェックしときなさい。私は今から注文するから。


+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:+†+:;;;:


 えー、以上が1日目の出演陣となります。(以前はSireniaが入ってたような気がするんだが、どうなったんだろ?)

 重量感としては2日目の方が重たい気がするのですが、そっちの方はまた今度。

 でも次更新する時にはフェス終わってるカモナー(;゚∀゚)アハハ八八
Posted on 2009/10/14 Wed. 21:23 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

Fuki嬢3部作-Dragon Guardian,Light Bringer,Unlucky Morpheus 

 @嬢系の読者様はむしろ知らない人の方が多いかもしれないが、一部マニアやアニソンファンの間ではちょっとした人気を誇る日本のV系ロックバンド・Light Bringerのヴォーカルを務めるFuki嬢。その彼女が参加するアルバムが今年5月~6月にかけて3枚立て続けにリリースされてます。


LB.jpg


 このFuki嬢、決して歌が上手いとは言えないのだが(曲によって差は激しいが)、元々が萌え系のアニメ声であるコトに加えて、細い声を懸命に張り上げて歌うスタイルが何とも健気で、その容貌も相まって萌え度はかなり高く、私も実は隠れファンの一人なのです^^

 その彼女がヴォーカル参加している3バンドの新作がリリースされてますので、以下にご紹介。果たして知っているメタラーさんはいるか!?


Dragon Guardian / 『Dragonvarius』 / 3rd

DRAGONVARIUSDRAGONVARIUS
(2009/05/27)
DRAGON GUARDIAN

商品詳細を見る

myspace

 リアルショップに陳列されていたら間違いなくスルーしてしまいそうなジャケデザだが、3部作の中では一番Fuki嬢のヴォーカルが決まっている作品。中心人物はギタリストの「勇者アーサー」なる人物なのだそうだが、「ファンタジーメタル」と恥ずかしげもなく公言してしまう通り、いわゆるRPGストーリーをコンセプトにしたコテコテのメロスピメタル。Dragon Guardianとしては3rdに当たるが、Fuki嬢参加は本作からです†
 「Fuki嬢って実は歌上手かったのか?」と思ってしまうぐらい、彼女の熱唱Voがバッチリハマってます。難点としては結構な割合でダサダサな男声ナレーションが入ってしまうところだが、それさえ除けば結構な名盤と思われます。




Unlucky Morpheus / 『So That a Star Shines at Night Sky』 / 2nd /

STASSAN.jpg

official

 基本コンセプトが「アニソン・メタルカヴァー・バンド」なので、上記Dragon Guardian以上に聴く人を選びそうな気はするが、意外に演奏陣のレベルが高く、一つの作品としてなかなか良質なメタルソングになってます。アニソンカヴァーというコンセプト上、Fuki嬢のVoもかなり萌え系寄りで、ハマる人はガッツリハマってしまうだろう。(逆に言えば受け付けない人は受け付けないと思う)
 収録曲は「Rumbling Hearts , 風のゆくえ , Blue Tears , 星空のワルツ , Sweet Passion , Next Season」に加えてイントロ・アウトロのインスト2曲。アニメファンの人がいたら大変申し訳ないが、1曲たりとも原曲知りません!w
 




Light Bringer / 『Tales of Almanac』 / 1st

Tales of Almanac(テイルズ・オブ・アルマナック)Tales of Almanac(テイルズ・オブ・アルマナック)
(2009/06/13)
LIGHT BRINGER(ライトブリンガー)

商品詳細を見る

myspace

 Fuki嬢の本籍バンド、Light Bringerの1stフルアルバム。本来ならこの作品が一番重要なはずなのだが、どうも私はあまり受け入れられず…^^; ↑2枚に比べて再生頻度はガクンと落ちます…
 元々Fuki嬢に歌の上手さは求めていなかったので音程の怪しさは別にどうというコトはないのだが、このテイストならばむしろ以前のEPやデモ盤の方が音楽としては良質だったのではないか?と思えてしまう。
 ただ萌え度だけは異常に高いので、気になる方はマイスペ等々をチェックしてみると良いでしょう。
 Amazonにはレビューが付いていなかったようなので、付けときました↓


【☆・ω・★】━─━─━女台━─━─━【★・ω・☆】
Dragon GuardianにUnlucky Morpheusと、サイドプロジェクトにも大忙しなヴォーカリスト・Fuki嬢だが、本作は彼女の本籍バンドとも言えるLight Bringerのデビューアルバムです。
よりキャッチーに、よりポップに、普遍性を獲得した音楽性…ではあるのだが、個人的にはこのテイストならばむしろ若干の難解度が窺えたEPやデモ盤の方が音楽としては良質だったのではないかという気がします。
とは言えサウンドプロダクション・演奏力いずれの面でも向上しているので、ファンの方は要注目!
決して上手いとは言い難かったFuki嬢のVoも今回作では若干の成長が感じられ、また相変わらずハンパじゃない萌え度を有しているので、その辺りは聴き所です。
【☆・ω・★】━─━─━糸冬━─━─━【★・ω・☆】


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

 さて、今回はかなり濃い目の記事になってしまいましたが、いかがだったでしょうか?^^;

 多分好き嫌いのはっきり分かれる3作品だと思いますが、ハマる人はとことんハマるだろうと思われるので、嬢Vo好きな方は一度チェックしてみて下さい。

 ちなみに私は↑3作全て所有しております。嬢Vo好きは自認しているが、それでも時々自分が怖くなる時がありますよ…(;゚∀゚)アハハ八八
Posted on 2009/09/05 Sat. 16:30 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 8

pagetop △

@嬢系上半期総括其の2 - ベストオブ嬢メタル(?) 

 さてさて、すっかり前回記事から間が空いてしまったが、上半期総括その2として、嬢メタルアーティスト達にそれぞれ部門賞を(勝手に)授けようと思う。

 と言ってもこれが実は結構厄介で、このブログをご覧になっている方はもうお気付きでしょうが、ほとんどの賞をThe Agonistが総ナメにしているんですな^^;

 なのでちょっと趣向を変えた部門賞を(クドいようだが勝手に)授けようと思う。

 とは言え、まずはやっぱりコレから…


●2009年上半期ベスト・オヴ・嬢メタル
The Agonist /
Lullabies for the Dormant Mind

ララバイズ・フォー・ザ・ドーマント・マインドララバイズ・フォー・ザ・ドーマント・マインド
(2009/05/20)
ジ・アゴニスト

商品詳細を見る


 もうね、これは神です†
 テクニカルな演奏をバックに据えて、妖艶なるヴォーカリスト・アリッサが叫び、吼え、猛る!一般的にはチト難解な部分もあるが、マイスペでも試聴可能な#1.The Tempest、#3.Thank you, Pain、#6.Martyr Art辺りは是非とも聴いて頂きたいところ。(ちなみにThank You,Painはマイスペ下部のギミックを動かせば聴けます。分かり易い曲なので大変オススメです)

 ↓は#2....And Their Eulogies Sang Me to Sleep.のMV。ベスト・オブ・MV賞にしたいぐらい良く出来た映像です。





 では続きまして…



●2009年上半期ゴシック部門賞
Stream of Passion /
The Flame Within

The Flame WithinThe Flame Within
(2009/06/02)
Stream of Passion

商品詳細を見る


 DelainSireniaLunaticaThe GatheringKells等々、メジャーどころを含めて多数の作品がエントリーする中、一番私の心に残ったのは6月に出てきたコレ。
 前作ルカッセン色はほとんど消えてしまったが(居ないのだから当然だ><)、それでも尚このような名曲が作れるのだから、侮れない。マルセラ嬢の癒しのヴォイスは神懸りです†
 …そう言えば一時期は日本盤が出るとの噂があったのだが、結局どうなったのだろう…(;゚∀゚)
 今の状況を見るに、全くの出任せだったか、お流れになったか…?
 いずれにせよ、名盤であるコトに変わりはないので、激しくお薦めです†



 続きまして~



●嬢メタル盤ジャケデザ賞
Trail of Tears /
Bloodstained Endurance

ToT_BE.jpg

 最終選考まで残ったのはExiliaDelainTrail of Tearsの3枚でしたが、やはり私の心を強く惹き付けたのはToTだった。見なさい、この退廃的な美しさ†
 廃墟の中心で何かを求め、天に向かって両手を翳す女性…。何かストーリー性を感じるじゃないですか。
 ToTはマイスペデザインも非常にクールなので、是非ご参照あれ。(⇒Trail of Tears - myspace

 と言うかそれよりもですね。
 正直な話、上半期の嬢メタル盤はLunaticaとかLacuna CoilとかMadder Mortemとか、微妙なジャケが多くなかったですか?^^;
 まあ、デザイン感覚は人それぞれだから「微妙なジャケ」と言ったところで「そうか?」と思う方も多数いらっしゃるとは思うのだが、例えばLunaticaなんかは、絵画的であることは認めるが、少なくともゴシックメタルのジャケじゃないだろうと自分なんかは思ったのですがね。(しかしそう言えば内容も若干ゴシックとは趣が違った気も…?)



 さて続いて…



●ベスト・オヴ・MV

 Ethsのキャンディスが友情出演したKellsの「La Sphere」、グロテスク度でインパクトのあったExiliaの「Are You Breathing」、煌びやかさが目立ったDelainの「April Rain」、そして買ってもいないIn This Momentの「Call Me」(笑
 数々の良質なMVの中から私が選ぶのはコレ↓

Sirenia /
The Path to Decay(『The 13th Floor』より)



 嬢の美しさも勿論あるのだけど、それよりも曲のテイストとのマッチングが絶妙だと思うんですよね。幻想の月をバックに唄い踊るAilyn嬢。甘いVoiceとの相乗効果でうっとり†



 引き続き…



●次回に期待しま賞
Luna Mortis /
The Absence

The AbsenceThe Absence
(2009/02/10)
Luna Mortis

商品詳細を見る


 アーティスト側にしてみれば「余計なお世話」だと思いますが^^;、今回作はホントに残念だった!
 テクニック的には良いモノを持っているし、タイトル曲#5.The Absence及びラストナンバー#10.Embrace the End辺りは今後を期待させる要素は充分アリです。が、如何せん本作は他の楽曲がツマラナ過ぎた…。(ところが世間の評価は概ね高評価のようで、これが私には信じられない…)
 プライドは充分に残っていると感じられるので、次回作を期待したいですね!



 ふう、何だか疲れてきたので^^;、次が最後!



●嬢メタル変態賞(笑)

 こんな部門賞もどうかとは思うのだが、このアーティストを表彰するにあたってこれほど適切な部門もまたないと思う。

IWrestledABearOnce /
It's All Happening

It's All HappeningIt's All Happening
(2009/06/02)
Iwrestledabearonce

商品詳細を見る


 一見してとても嬢メタル盤とは…いや、そもそもメタル盤であるコトすら疑わしいジャケデザなんだが、その中身は大変に変態チックで良いです†
 喜怒哀楽を全てぶち込んでぐちゃ混ぜにしたかのような騒々しいテイスト。しかしながら確実なテクニックに裏打ちされた質の高い音楽は中毒必至です。
 あまり多く語っても意味はないと思うので、マイスペ等々で是非ご試聴あれ。

iwrestledabearonce - You Aint No Family



【☆・ω・★】━─━─━糸冬━─━─━【★・ω・☆】


 さてさて。後半やや駆け足(と言うか投げ遣り^^;)な感じになってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

 上半期はライヴ盤も含めればかなりゴシックメタル勢がキましたね!ゴシックメタルをあまり聴き慣れない私にとっては若干お腹一杯感があるんですがw、それでも貴重な経験だったと思います^^
(特にStream of PassionDelain辺りは今後とも長く聴いて行けそうな予感☆)

 下半期は一転してOtepKittieArch Enemyなどの爆音系がキそうな雰囲気なので、私としては更に楽しみデス!
Posted on 2009/08/11 Tue. 07:23 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。