メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Dazzle Visionに突入した勇者はいるかー? 

 本題に入る前にちょっとした宣伝を。

 The Agonistの新作『Lullabies for the Dormant Mind』が3月10日にリリースされますが、ユーロ盤は一足早い2月23日に発売されます。

 Amazonで取扱いがあるかどうか今の時点ではまだ微妙ですが、HMVではどうやらEuro盤を取扱う模様。(⇒こちら

 とりあえずキープしとこうかとも思ったんだけど、正直なところHMVは大嫌いなのでどうしようか迷っている。(( ̄ ^  ̄ o)

 だってあそこ顧客対応最悪じゃないですか。(通販に限定した話だが)

 質問メール送っても平気で3日待たせるし、その間に間違いらしき意味不明なメールが何通も来るし。で、そのことを問い合わせても完全無視。3日後に返って来る答えも言い訳めいた意味不明な内容。

 大体2、3日後に発送って書いてあっても、その通りになった試しがないし!(-'д-)y-~

 値段表示だって特殊な割引を適用した最低金額が一番デカく表示されてるが、不当表示じゃないのか?

 …などとたらたら不満を述べたところで、Amazonで扱いがなければHMVで買うつもりでいる自分が情けない。。。Paypalシステムがもっと身近だったら通販の幅も広がるんだが、未だ登録すらしてない…。ちょっと本気でPaypal考えよう。

 話が逸れたが、もう一つ。

 Agonistのマイスペで新作のメイキング(インタビュー?)っぽい映像が公開されてます。

Lullabies for the Dormant Mind

▲アリッサどこぉ~゜(>д<)゜。

 最初と最後にバックで流れてるのが新曲だと思うが、それとマイスペ2曲を聴く限り今回のアルバムはかなりアグレッシヴな作品になりそうな期待が持てますぜ!

 乞うご期待だぁあ~~!!!!


・*:..。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.


 さてさて、すっかり前置きが長くなってしまったが、ここからが本題。

 Amazonにアカウント持ってる人は知ってると思うけど、トップページに行くと過去の購入履歴から勝手に判断されるお薦め商品みたいなのが表示されるよね?

 自分趣味がアレなもんで自ずとお薦め商品の内容もそれっぽいものが表示されるんだが、最近ちょっとどうにも自分の趣味とは思えないCDがちょいちょい表示されるようになった。それがこれ↓

Crystal ChildrenCrystal Children
(2008/11/21)
Dazzle Vision

商品詳細を見る


 アイドル?それにしては見覚えがないな~、なんて思いつつスルーしてたんだけど、ある時ちょっと気になって色々チェックしてみたんですよ。

 そしたらどうやらこれはDazzle Visionというインディーズでは大層人気なバンドだそうで、ググってみると何やら「デスヴォイスを操る可憐な少女!」とかいう紹介がちらほらされている!

 思わず即大人買いしそうになってしまったが、「いやいやちょっと待て、とりあえずマイスペをチェキろう」と自分に言い聞かせてチェックしてみたのですね。

 で、見つけたのがこの映像↓

Dazzle Vision 「HERE」PV ~DeathVoiceGIRL Maiko~



 …デスヴォイどこに出て来るん(゚∀゚;)…?

 てっきり違うアーティストと間違えたのかと思ってしまったが、よくよく聴いてみると最後の方にバックで壮絶なシャウトがものすごく小さい音量で入ってる。あああ何てもったいないことを!

 スクリームはFlyleafのレイシーを彷彿とさせるイイものを持っているはずなのに、全然活かせていない!

 …このシャウトを前面に出せば大層インパクトのあるアーティストになっていただろうに、大変残念である。(あくまで僕にとっては、だが…)

 そして更にもう一つ残念なポイントは、ヴォーカル嬢が僕の苦手なタイプの顔だということだ。(ファンの人いたらゴメン^^;)

 マイスペの写真なんか痛々しくてちょっと見てらんないぞ!?それに「美少女ゴシック・ラウド」っていう紹介の仕方もどうなんだ?

 …うーん、声は決してキライじゃないんだが、残念ながらこれはやはりスルーか?メタルじゃないしナー。(* ̄▽ ̄)ノ

 とは言えもしかするとマイスペに公開されてない曲だけ絶叫バリバリだったりすると悔しいので、やっぱり少し気になる。。。

 突入した猛者がいたら情報求ム!


 他力本願の記事でゴメン!

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*
The Agonist - myspace
Dazzle Vision - myspace
スポンサーサイト
Posted on 2009/01/31 Sat. 01:35 [edit]  /  TB: --  /  CM: 8

pagetop △

日本産嬢メタル・Shadow復活!! 

 テンプレを変えて心機一転、何の意味もなく新たなスタートである!
 でも更新ペースは至ってマイペースに細々と。。。って何も変わらない?

.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪

 さて、日本人としてはやはり日本のミュージシャンにこそ頑張ってもらいたいと思うが、昨年末ついに知る人ぞ知る日本産大物嬢メタルバンドが再始動した!!

 2008年中に購入できていれば間違いなくマイ嬢メタルチャート2008の上位にランクインしていたであろうちょっぴり残念なジャパメタバンド、その名もShadowだ。

 2001年に1stアルバム『Shadow』でデビューした彼らだが、リリース直後にギタリスト岡田氏が脱退し、後任ギタリストもレコーディングを目前に脱退してしまうなど、なかなかバンドメンバーが安定しなかったため、結局2nd『Forever Chaos』リリースまでに7年の期間が空いてしまった。

フォーエヴァー・ケイオスフォーエヴァー・ケイオス
(2008/11/19)
シャドウ

商品詳細を見る


 ↑ジャケ画は2008年11月リリースのShadow・2ndフル『Forever Chaos』だ。

 嬢ヴォーカルである嶋本斎子の完全なるデスシャウトは海外のデス系アーティストと比べても全く引けを取らない。むしろ下手なヴォーカリストより実力派だと言えよう。

 声質的にも完全に女を捨てているような下品なシャウトではなく、嬢としての気品(?)を残した絶叫系なので、「TardのヒラリーとかWykked Wytchのイペッキはちょっと…」という人にもお薦めである。

 デビュー当時の2001年と言えばArch Enemyアンジェラ・ゴソウがメジャーに取り上げられていたと思うが、日本人としてはもっとShadowに注目しても良かったのではないかと思う。

 残念ながら2001年当時、僕はまだ嬢メタルの世界には足の爪先を突っ込んだぐらいのレベルだったので、その時の詳しい経緯はよく知らない。(未だに1st未聴だし…)

 だから僕も偉そうなことを言える立場では全然ないのだが、少なくとも海外の有名デス系アーティストにも対抗し得るだけの実力を備えた良質バンドであることは確かだと思う。

 バンドのカテゴリとしては恐らく「メロディック・デスメタル」という区分になると思うが、本作『Forever Chaos』においては個々の曲ごとに様々なアプローチが採用されていて、一括りにすることはできない。

 #1.Forever Chaosのオープニングではパワメタ方面からのアプローチが感じられるし、#2.The Existence Of Sufferingではスピーディでアグレッシヴなギターリフに重きを置いたスラッシュメタルのテイストが感じられる。#3.Before True Lightではややレトロで懐かしさを感じるメロディアスなリフが展開される。

【Shadow - Before True Light】


 スラッシーでありキャッチーでもあるリフ構築の妙技は、このバンドの大きな魅力であろう。

 ギターサウンドが「それは働き過ぎだろ」って思うぐらい縦横無尽に動き回っているので、ギター好きな人は要チェック!!

 惜しむらくは、プロモーション及びマイスペ・オフィシャルサイトでの宣伝活動に全くやる気が感じられないことだ。オフィシャルサイトの駄目さ加減はかえって表彰してあげたいぞ!?

 マイスペにもロクな動画はないし、メンバー写真はなぜか全てセピア色。わざとそうしていると言うよりはやっぱりやる気がないのだと思う。そこさえ改善すれば多少はメジャー感が出て来ると思うのだが。

 とは言え音楽そのものは全く問題ないので、当ブログのテーマ的にも自信を持って推薦できる一枚である。今後の動向にも期待!!

*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*

『Forever Chaos』
Shadow


1. Forever Chaos
2. The Existence Of Suffering
3. Before True Light
4. Within The Winter Silence
5. The Orators
6. Master Of Impieties
7. Wings Of Flame
8. My Apologies
9. Shudders Hell
10. Land Of A Dream
11. Stand Up And Shout
12. Damnation Alley

※11.12.は日本盤ボーナストラック

*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*
Shadow - myspace
Shadow - official
Posted on 2009/01/28 Wed. 21:21 [edit]  /  TB: --  /  CM: 8

pagetop △

Exilia,Agonist,Luna Mortis,Doro,Cadaveria... 

 最近立て続けに私好みのFemale Metalアーティストが新譜リリースを発表しているので、買い忘れないように記しておこうと思う。

 ブログで紹介していないバンドも一部含まれるが、もはや私自身どれを紹介してどれが未紹介なのか分からなくなりつつあるので(^^;、さらっと流していこうと思う。

ExiliaMy Own Army』(2009.2.9)
exilia.jpg
myspace
多分未紹介だと思うが、イタリアのヘヴィメタルバンド。ヴォーカリスト・Masha Mismaneのスクリーム系ヴォイスはOtepIn This Momentの好きな人はハマりそうな感じ。そんなに昔から知っているアーティストではないのでよく分からないのだが、結構活動歴は長そうな感じだ。

Luna MortisThe Absence』(2009.2.10)
lunamortis.jpg
myspace
メロスピ・パワメタが好きな人は多分気に入ると思う。The Ottoman Empireから名前をチェンジして初のアルバムとなる。メロディアスでグロウル感も程よい感じなので、一般リスナーの方にも受け入れられそうな雰囲気。

The AgonistLullabies For the Dormant Mind』(2009.3.10)
theagonist.jpg
myspace
当ブログハードプッシュのアーティスト。低音デスヴォイスから高音スクリームまで自在に操るアリッサ嬢のヴォーカルスタイルは是非お薦めしたいところ。少々メタルコア度が増していそうな雰囲気?

DoroFear No Evil』(2009.1.30)
doro.jpg
myspace
僕のような「にわか嬢メタラー」が下手に紹介したら、古参ファンの方々から総スカンを食らいそうなので(^^; あえて言及しません。というか昔の活動歴自体よく知らないんだけど。しかしこの人今一体何歳なのだ?40は優に超えていると思うんだが。恐ろしいまでのバイタリティーである。

Crystal ViperMetal Nation』(2009.2.1?)
cv.jpg
myspace
僕のテイスト外のアーティストなので詳細はよく分からないんだけど、多分メロスピ・パワメタ系のアーティスト。シャウトはなさそうなので今のところ購入は後回しにしようと思っているが、割と好きな歌声なのでもしかしたら即買うかも。


 この他にもノルウェーのZeenon、イタリアのCadaveriaも近いうちに発表があると思うし、何よりArch Enemyの再レコアルバムの件もある。それにそろそろFlyleaf辺りも動き出すんじゃないかと思うのだが…。

 ゴシックやインダス系も含めると更に欲しいものは倍増するぞ!?

 嬢メタラーとしては嬉しい限りなのだが、資金力が。。。ToT

 デス声系でも他にいくつかあったと思うのだが、記憶力の悪い人間ゆえにどうにも思い出せない。思い出したら後でこっそり記事を書き換えよう。

 以下に当ブログで未紹介(と思われる)アーティストの動画を記しておきます。気になる方は「記事の続き」をクリック↓

-- 続きを読む --
Posted on 2009/01/25 Sun. 20:06 [edit]  /  TB: --  /  CM: 16

pagetop △

The Agonist - 3/10 期待の新作発表!! 

 Hey!!シャウト系&ゴシック系嬢メタルの大好きな皆さん!!遂にThe Agonist期待の2ndアルバムリリースがマイスペで発表されました!!

 その名も『Lullabies For A Dormant Mind』。発売は3月10日とのこと↓

h1.jpg
h2.jpg

The Agonist - myspace
 
 レーベル元のCentury Mediaも公式サイトもイマイチ情報が更新されてないっぽいんだが、本当に大丈夫なのか?待ってればそのうち更新されるのか?

 今のところマイスペにて収録予定曲「The Tempest」「Martyr Art」の2曲が試聴可能ですが、かなりイイ感じ!!

 メロディックデス+ゴシックという路線はしっかり踏襲されつつ、アリッサ嬢の咆哮デスヴォイス&ハイトーンクリーンヴォイスは格段のレベルアップを遂げている!!

 演奏陣のテクニックもしっかり向上してこれは期待が持てそうだ。前作『Once Only Imagined』は若干スピード感に欠けるところがあったが、今回はどうやらその心配はなさそう。

 前作ではレコーディングに参加していなかったドラムのサイモン・マッケイ(Simon Mckay)も今作ではしっかり叩いている(はず)。サンプル曲で既にブラストビートが炸裂しているので、これはスピード感溢れる作品が期待できそうである。

 まだThe Agonistをご存知ない方は↓をチェック!!(前作の曲ですけどね)

【The Agonist - Business Suits & Combat Boots】


 ちなみにマイスペにとてもステキな写真が続々アップされてます。リーゼントスタイルのアリッサはとてつもなくSっぽくてステキ度No1。

 …ああ、こんなお嬢様に足蹴にされてみた(ゲフッゲフン

The Agonist - myspace
The Agonist - official
Posted on 2009/01/23 Fri. 23:51 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

Abigail Williams - 魅惑の嬢ピアニスト Ashley 

 Abigail Williams。2008年中に紹介できずに悔いの残っているバンドの一つだ。嬢Voメタルを追いかけるあまりこんなに遅くなっちまったよToT

 既にいろんなブログで取り上げられていて、このタイミングで記事を書いても「何を今さら?」てな感じかもしれないのだが、とても好きなアーティストなので是非記しておきたい。

In the Shadow of 1000 SunsIn the Shadow of 1000 Suns
(2008/10/28)
Abigail Williams

商品詳細を見る
Abigail Williams - myspace

 上記作品は2008年10月に発表されたAbigail Williamsの1stフル『In the Shadow of a Thousand Suns』である。

 アメリカのバンドだが、カテゴリを一言で言うなら「シンフォブラック」ということになるだろうか。無慈悲なギターリフに冷酷で僅かのブレもないドラムビート。(ちなみに大半の曲は元エンペラーのタリムがドラムを!!)高速かつ暴虐な楽曲を美しく彩るオーケストラ&ピアノはメロディアスでありながらどこまでも冷徹な旋律。

 悪魔的な暴虐さと言うよりは気の狂った神の無慈悲さというイメージ。神々しい破壊力を持ってます。

 「ブラック」+「シンフォ」という手法自体は特に目新しいアプローチではないので、コアなブラックファンからすれば「今さら何を?」という感じかもしれないが、このバンドのシンフォニックには一聴の価値がありますぜ!!神々しい美しさと併存する寒々しい冷酷さ!!

 ヴォーカルがいかにも嬢っぽいシャウトをしているので、このブログをご覧になっている方でまだAbigailをご存知ない方はもしかすると誤解してしまうかもしれないが、ヴォーカルは正真正銘の♂です。

 では一体嬢はどこに絡んでいるのかと言うと、まさにこのバンドの核とも言えるオーケストラだ。

 ご紹介しよう。普段こんなことは滅多にしないんだが、あまりの可愛さにマイスペから画像を拝借してしまった。魅惑のキーボーディスト、アシュリー嬢だ↓

【Ashley Ellyllon】
ash.jpg
▲何の表紙か知らんが激しく欲しい。

 「激萌ぇ~ハート」とか「テラカワユス~(*≧д≦)」とか、普段使い慣れない絶賛の言葉が頭の中をぐるぐる巡る。
-- 続きを読む --
Posted on 2009/01/21 Wed. 22:06 [edit]  /  TB: --  /  CM: 6

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。