メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Otep - 『Smash the Control Machine』 

 さて、本日は衆議院選挙投票日!みんなもう投票は済ませたかな?

 投票する・しないは個人の自由ではあるけれども、少なくとも投票もせずに政治に文句だけ言う無責任な大人になっちゃダメだぞ!

 政権交代を声高に主張するがその先のビジョンが一向に見えて来ない民主党。安定感はあるが様々なしがらみで自由には動けないだろう自民党。

 議席数が拮抗するだろうコトを考えると、どちらが政権を取ってもそうそう大きく物事が動くとは思えないのだが、それでも私達が住んでいる国なのだから、少しでもベターな方を選ぼうじゃないですか。(幸福実現党だってみんなの党だってあるしねw)


☆*:;;;;;:*☆o^Д^o☆*:;;;;;:*☆o^Д^o☆*:;;;;;:*


 さてさて、発売から既に一定期間過ぎたが、さすがにもう手に入れた人多いよね?ね?

 @嬢系においては神認定しているアーティスト・Otepの新譜『Smash the Control Machine』ですよ↓


Smash the Control Machine [Import CD +DVD + BOOK]Smash the Control Machine [Import CD +DVD + BOOK]
(2009/08/18)
OTEP

商品詳細を見る


 キレのあるデス声・スクリームに良好なハードコア度。爆音で聴いていると脳がイカれそうなほどウネっている低音ベース。

 Victory Records移籍&先行シングル「Smash the Control Machine」のハードロック度から「もしや今回は売れ線狙いか?」と心配していた方も多いと思うが(何より私自身もそうだった…)、そういう意味では本作の1st~3rd路線踏襲は一安心ではあります^^

 …っが!

 裏を返せば、驚くような新発見は無いとも言えます><
 規制の枠を打ち破ると言うか、概念に囚われない自由な音楽性がOtepのスタイルではあったのだが、そういう意味では今回は自身が造り出した「Otep」という枠に囚われてしまった感があります…

 とは言え、レーベル移籍が彼女の音楽性に影響を及ぼすモノでは全くないというコトが確認できただけでも、今作は充分に意味があると思います!別に悪い作品ではないし、今までのオーテップが好きな方にとっては充分に聴ける作品です!

 このブログをご覧になっている方でOtepをご存じない方はほとんど居ないと思いますが、一応念押ししておくと、先行曲「Smash the Control Machine」でOtepを気に入ったという方は、アルバム購入前に要注意です!「Smash the Control Machine」以外に分かり易いHRナンバーは本作には存在しません。はっきり言って難解です†(そこがイイのだけどね^^)



(何故この曲をタイトルに持って来たのかは謎である…)


 ちなみに、↑ジャケ画はデラックス版(リミテッド版?)だが、特典としてはオーテップ嬢のコメントが収録されたDVDと、ピカソ的なアートワークの印刷されたブックレット程度です。(正直どこまでが特典なのかよく分からんのだが…^^;)

 余程のマニアでない限り通常版で良いカモ?


Smash the Control Machine [Import CD]Smash the Control Machine [Import CD]
(2009/08/18)
OTEP

商品詳細を見る



⇒Otep - myspace
・*:..。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.

P.S.
 Born of Osiris・Divine Heresy・Behemoth・Vader等、近頃良質な漢メタル盤が次々と発表されてますが、それらのレビューについては「メタルな世界@漢系」にて取り上げる予定なのでよろしくdeath!!
スポンサーサイト
Posted on 2009/08/30 Sun. 19:10 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

Holyhell - アルバムデビューのシンフォメタル† 

 EPを除けばこれがデビュー盤となるアメリカのシンフォメタルバンド・Holyhell。アルバムタイトルもそのまま『Holyhell』。先日のAlightとは打って変わって、入手困難の予想に反してスピーディな到着でした(笑

HolyhellHolyhell
(2009/08/03)
Holyhell

商品詳細を見る


 レビュー記事がほとんど見当たらないコトを考えると日本での知名度はあまり高くないようですが、一応AmzonでもHMVでも取扱い有りです!

 バンドのバイオについてはマイスペにかなり詳しい(というか長い)紹介文があるので、ここでは特に書きません。興味のある方はCheck!!


HH.jpg



 パワメタ風と言うのかメロスピ風と言うのか、80年代~90年代の正統派HR/HMの香りが強く漂う音楽性で、決して私の得意なジャンルではないのだが、嬢ヴォーカリスト・Maria Breonの独特の歌声は結構クセになります。若干低音ヴォイスの出し方が気に入らない部分はあるのですが、通常のソフトなソプラノヴォイスはなかなか心地良いです。(本格的なオペラ声はちょっとキツいよね^^;)

 その意味では癒しの要素も多く含まれていて、見た目によらずゴシックメタルに通じる部分もあります。(#5.The Fall等のバラードナンバーは特に)

 ギターの音があまりにも控え目でチャチなところは「メタルとしてどうなんだ?」と思わないでもないですが、その分シンフォニックやMaria Breonのヴォーカルはかなり際立ってます。(とは言えギターソロだけは結構ピロピロと頑張ってますw)

 21世紀のモダンメタル・リスナーにはあまりお薦めし難いテイストだが、オールドテイストの好きな方には是非ともお試し頂きたい一枚です†

 MVは公開されていないようなので、参考試聴用に↓のライヴ映像をドウゾ…





 ちなみにブックレットを見る限り、2009年の曲に関してはヴォーカルのMaria・キーボードのFranciscoが中心になっているようですね^^


Posted on 2009/08/27 Thu. 00:18 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

Gallhammer - 頑張れ日本の女子メタル!! 

 以前ある方から情報を頂いてすぐにCDを注文したのだが、それから待つこと約半年…ようやく手元に現品が届きました。(←マジ話) 多分受注側も注文を忘れていたのだと思うが、何より私自身が忘れていたのでw、届いた時には何のCDなのか一瞬思い出せませんでした^^;(決して入手困難ではない…はず)

 …というワケで、今現在は活動休止に入っている日本の嬢メタルバンド・Gallhammerの2nd『Ill Innocence』を入手致しました↓

Ill InnocenceIll Innocence
(2007/09/24)
Gallhammer

商品詳細を見る


 このアルバムのリリース&その後のヨーロッパツアーを最後に活動を一時停止したままなのですが、ヴォーカル(&ベース)嬢・Vivianの運営する公式ブログの放置具合を見ると、どうもこのまま消えて行きそうな厭ぁな予感も…?(;゚∀゚) 個人的には大好きなテイストなので、是非とも活動再開して欲しいところ。(頑張れニッポン!)

 正直に言うと演奏技術は二流だし、音楽性もとても一般向けとは言えないのだが、醸し出す負のオーラだけは半端じゃないです。のっぺりと潰れたベースにノイジーなギター。ヴォーカルに至っては病んだ精神を吐き出すかの如き鬱系デスヴォイス。

 意外にパンクなテイストも盛り込まれているので(クラストパンクと言うのか?)、一概に彼女達の音楽をカテゴライズすることは難しいが、全体的なイメージで言えばブラック/ドゥームだと思う。

 1st『Gloomy Lights』は特にドゥームの傾向が強かったのだが、今回作はブラック・パンクのテイストにも結構力が入っているように感じました。

 ただ、やはりこのバンドの魅力は何と言っても病んだヴォーカル・Vivianです!(あ、日本人ですよ一応…^^;)

gh.jpg


 クリーンな歌声などほとんどなく、「吐き捨て」と言うよりは「吐き出し」型のガテヴォイスで只管鬱オーラを撒き散らしてます。

 一般ウケする要素など何一つない彼女達ですが、病んだ音楽・病んだ嬢ヴォーカルが好きな方には激しくオススメします。(私は当然大好きdeath!)

 重く陰鬱な中にも、アンビエントを匂わせるギターサウンドがあり、この辺り中国のBe Persecutedに近いモノがあるかもしれません。

 ↓は当アルバムより#8.World to Be Ashesの映像。実はこっそりサイドバーのプラグインにも仕込んでたりするので、暇だったら探してみて下さいw





 ちなみに1stのジャケは↓


gl.jpg


 Vivian曰く、1stのイメージは「憂鬱な中にある僅な希望の光」。2ndのイメージは「真っ白な光の中で見る絶望・恐怖・失望」とのこと。

 光が見えるかどうかは人それぞれだと思いますが、マイナスのエナジィに引き寄せられがちな人は是非ともお試しあれ。。。


Gallhammer - myspace
Gallhammer - official
Vivian Slaughter - official blog
Posted on 2009/08/19 Wed. 23:48 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

Alight - デビュー盤『Don't Fear the Revenge』 

 手元に届くまでにかなり時間がかかったのだが、イタリアの新生ゴシックメタルバンド・Alightのデビュー盤『Don't Fear the Revenge』をようやく入手致しました↓


Alight
Don't Fear the Revenge / 1st / July 4, 2009

DFtR.jpg


 過去にTristaniaのMary嬢が在籍していたコトもあるようなのだが、なかなか良質なゴシックメタルをやっています。現ヴォーカリストはSabina嬢。柔らかく甘美な歌声は、どこかMortal Loveの猫嬢を思い起こさせます。更に当バンドは、ベーシストもElenaという嬢プレイヤーであり、この辺り当ブログ的にはかなりの高ポイントですw


Alight.jpg
(右端のピンボケしてるコがベーシスト・Elena)


 音楽面に関してはエレクトロなテイストの強いゴシックメタルで(オルタナ色も結構濃い)、かなりの割合でシンセが導入されているのだが、決して騒々しい印象はなく、むしろ攻撃的なギターサウンドと相まって、柔らかくも芯のあるSabina嬢のヴォーカルを上手く盛り立てているように感じました。

 正直なところ、マイスペの公開曲も少なく、情報もあまりないので、手元に届くまではかなりドキドキものだったのだが、これならば充分に鑑賞に耐え得る作品だと実感しました。(勿論デビュー盤であるコトは差し引いて考えなければいけない面はあるが)

 多分Mortal LoveSireniaのようなある種メルヘンチックなテイストを好む方には訴えるモノがあると思います。(逆に言うとDelainUnsun等のキレイどころを好む方にはチト微妙かもしれない…)

 まだまだ知名度は低く、日本ではCDを入手するコトも困難かもしれないが、今後の可能性はかなり期待できるアーティストだと思うので、要注目です†



Posted on 2009/08/15 Sat. 16:56 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

@嬢系上半期総括其の2 - ベストオブ嬢メタル(?) 

 さてさて、すっかり前回記事から間が空いてしまったが、上半期総括その2として、嬢メタルアーティスト達にそれぞれ部門賞を(勝手に)授けようと思う。

 と言ってもこれが実は結構厄介で、このブログをご覧になっている方はもうお気付きでしょうが、ほとんどの賞をThe Agonistが総ナメにしているんですな^^;

 なのでちょっと趣向を変えた部門賞を(クドいようだが勝手に)授けようと思う。

 とは言え、まずはやっぱりコレから…


●2009年上半期ベスト・オヴ・嬢メタル
The Agonist /
Lullabies for the Dormant Mind

ララバイズ・フォー・ザ・ドーマント・マインドララバイズ・フォー・ザ・ドーマント・マインド
(2009/05/20)
ジ・アゴニスト

商品詳細を見る


 もうね、これは神です†
 テクニカルな演奏をバックに据えて、妖艶なるヴォーカリスト・アリッサが叫び、吼え、猛る!一般的にはチト難解な部分もあるが、マイスペでも試聴可能な#1.The Tempest、#3.Thank you, Pain、#6.Martyr Art辺りは是非とも聴いて頂きたいところ。(ちなみにThank You,Painはマイスペ下部のギミックを動かせば聴けます。分かり易い曲なので大変オススメです)

 ↓は#2....And Their Eulogies Sang Me to Sleep.のMV。ベスト・オブ・MV賞にしたいぐらい良く出来た映像です。





 では続きまして…



●2009年上半期ゴシック部門賞
Stream of Passion /
The Flame Within

The Flame WithinThe Flame Within
(2009/06/02)
Stream of Passion

商品詳細を見る


 DelainSireniaLunaticaThe GatheringKells等々、メジャーどころを含めて多数の作品がエントリーする中、一番私の心に残ったのは6月に出てきたコレ。
 前作ルカッセン色はほとんど消えてしまったが(居ないのだから当然だ><)、それでも尚このような名曲が作れるのだから、侮れない。マルセラ嬢の癒しのヴォイスは神懸りです†
 …そう言えば一時期は日本盤が出るとの噂があったのだが、結局どうなったのだろう…(;゚∀゚)
 今の状況を見るに、全くの出任せだったか、お流れになったか…?
 いずれにせよ、名盤であるコトに変わりはないので、激しくお薦めです†



 続きまして~



●嬢メタル盤ジャケデザ賞
Trail of Tears /
Bloodstained Endurance

ToT_BE.jpg

 最終選考まで残ったのはExiliaDelainTrail of Tearsの3枚でしたが、やはり私の心を強く惹き付けたのはToTだった。見なさい、この退廃的な美しさ†
 廃墟の中心で何かを求め、天に向かって両手を翳す女性…。何かストーリー性を感じるじゃないですか。
 ToTはマイスペデザインも非常にクールなので、是非ご参照あれ。(⇒Trail of Tears - myspace

 と言うかそれよりもですね。
 正直な話、上半期の嬢メタル盤はLunaticaとかLacuna CoilとかMadder Mortemとか、微妙なジャケが多くなかったですか?^^;
 まあ、デザイン感覚は人それぞれだから「微妙なジャケ」と言ったところで「そうか?」と思う方も多数いらっしゃるとは思うのだが、例えばLunaticaなんかは、絵画的であることは認めるが、少なくともゴシックメタルのジャケじゃないだろうと自分なんかは思ったのですがね。(しかしそう言えば内容も若干ゴシックとは趣が違った気も…?)



 さて続いて…



●ベスト・オヴ・MV

 Ethsのキャンディスが友情出演したKellsの「La Sphere」、グロテスク度でインパクトのあったExiliaの「Are You Breathing」、煌びやかさが目立ったDelainの「April Rain」、そして買ってもいないIn This Momentの「Call Me」(笑
 数々の良質なMVの中から私が選ぶのはコレ↓

Sirenia /
The Path to Decay(『The 13th Floor』より)



 嬢の美しさも勿論あるのだけど、それよりも曲のテイストとのマッチングが絶妙だと思うんですよね。幻想の月をバックに唄い踊るAilyn嬢。甘いVoiceとの相乗効果でうっとり†



 引き続き…



●次回に期待しま賞
Luna Mortis /
The Absence

The AbsenceThe Absence
(2009/02/10)
Luna Mortis

商品詳細を見る


 アーティスト側にしてみれば「余計なお世話」だと思いますが^^;、今回作はホントに残念だった!
 テクニック的には良いモノを持っているし、タイトル曲#5.The Absence及びラストナンバー#10.Embrace the End辺りは今後を期待させる要素は充分アリです。が、如何せん本作は他の楽曲がツマラナ過ぎた…。(ところが世間の評価は概ね高評価のようで、これが私には信じられない…)
 プライドは充分に残っていると感じられるので、次回作を期待したいですね!



 ふう、何だか疲れてきたので^^;、次が最後!



●嬢メタル変態賞(笑)

 こんな部門賞もどうかとは思うのだが、このアーティストを表彰するにあたってこれほど適切な部門もまたないと思う。

IWrestledABearOnce /
It's All Happening

It's All HappeningIt's All Happening
(2009/06/02)
Iwrestledabearonce

商品詳細を見る


 一見してとても嬢メタル盤とは…いや、そもそもメタル盤であるコトすら疑わしいジャケデザなんだが、その中身は大変に変態チックで良いです†
 喜怒哀楽を全てぶち込んでぐちゃ混ぜにしたかのような騒々しいテイスト。しかしながら確実なテクニックに裏打ちされた質の高い音楽は中毒必至です。
 あまり多く語っても意味はないと思うので、マイスペ等々で是非ご試聴あれ。

iwrestledabearonce - You Aint No Family



【☆・ω・★】━─━─━糸冬━─━─━【★・ω・☆】


 さてさて。後半やや駆け足(と言うか投げ遣り^^;)な感じになってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

 上半期はライヴ盤も含めればかなりゴシックメタル勢がキましたね!ゴシックメタルをあまり聴き慣れない私にとっては若干お腹一杯感があるんですがw、それでも貴重な経験だったと思います^^
(特にStream of PassionDelain辺りは今後とも長く聴いて行けそうな予感☆)

 下半期は一転してOtepKittieArch Enemyなどの爆音系がキそうな雰囲気なので、私としては更に楽しみデス!
Posted on 2009/08/11 Tue. 07:23 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。