メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Within Temptation 『The Heart of Everything』 

 オランダのゴシックメタルバンド、Within Temptation(ウィズイン・テンプテーション)の4th『The Heart of Everything』である。

The Heart of EverythingThe Heart of Everything
(2007/07/24)
Within Temptation

商品詳細を見る


 シャウト系ではないので、当ブログで紹介している他のアーティストとはちょっと毛色が違うのだけど、女性ヴォーカリストシャロン・デン・アデル(Sharon den Adel)の神々しいまでの美声がとても魅力的だと思う。

 楽曲の傾向はドロドロのゴシックが多く、実を言うと僕の嗜好直球ど真ん中というわけではないが、とにかくシャロンの美しい歌声に惚れてこの作品を購入した。

 リリースは2007年となっており、3年のブランクを経て発表された4作目に当たるそうだ。(3年のブランク期間の間にシャロン嬢は出産を経験されているご様子)

 公式サイトもMyspaceもあるし、オフィシャルYoutubeチャンネルもあるので、色々な曲が視聴できる。シンフォニック・ゴシック方面に興味のある方は是非色々試聴してみて欲しい。(関連リンクを記事の末尾に付しておきます。)

 ここでは特に僕が気に入った、「The Howling」をご紹介したいと思う。アルバムのスタート曲にもなっているキラーチューンだ。

【The Howling】

▲風景がオランダって感じですよね。よく分からんけど。

 シャロンのヴォーカルは高音がキレイに伸びるので、聴いていてとても心地良い。ウィスパリングも癒しの要素が大きいし、とにかくメタルでありながら癒されるという不思議なアーティストである。

 仕事で嫌なことがあったとか、友達と喧嘩したとか、落ち込んでいる時にこの作品を聴くといいと思う。

 …僕は基本不真面目なので落ち込むことがないですが。



『The Heart of Everything』
Within Temptation(ウィズイン・テンプテーション)


#1. Howling
#2. What Have You Done [US Single Version]
#3. Frozen
#4. Our Solemn Hour
#5. Heart of Everything
#6. Hand of Sorrow
#7. Cross
#8. Final Destination
#9. All I Need
#10. Stand My Ground
#11. Truth Beneath the Rose
#12. Forgiven
#13. What Have You Done [Expanded Version]



公式サイト
Myspace
オフィシャルYoutubeチャンネル
Wikipedia(日本語)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
関連記事
Posted on 2008/12/06 Sat. 22:55 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。