メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Legenda Aurea - 新譜『Ellipsis』は疾走系シンフォメタルのかほり† 

 九州でもとうとう新型インフルエンザの発症者が出たようですが、さすがにもうマスコミ報道も下火になってますね。

 騒ぐ時は一斉に騒ぎ立て、バッシングする時は横並び一列に非難し、引き際まで見事に足並みが揃う。

 マスコミ各社の横並びな動きは、見ていて不気味で気持ち悪いですね。><

 何のために報道機関が複数存在しているのやら。。。

 あ、ところでもうご存知の方も多いかもしれませんが、ポーランドの二大大御所バンド・BehemothVaderが8月に新譜リリース予定です!


Behemoth 9th 『Evangelion』
Behemoth『Evangelion』


Vader 9th 『Necropolis』
vader_necropolis.jpg


 ブルータル+テクニカルな方向性がとてもステキだと思うし、演奏力もさすがベテラン。どちらも既に購入決定。今から実に楽しみです^^


*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*


 さてさて、本題の嬢メタルだが、これまた日本では絶望的に知名度が低いので、あまりご存知の方はいないかもしれません。

 スイスのシンフォニックメタルバンド・Legenda Aurea。2009年3月に2nd『Ellipsis』を発表してます↓

EllipsisEllipsis
(2009/03/09)
Legenda Aurea

商品詳細を見る


 Amazonでも在庫がないようだし(1st・2nd共)、日本ではやや入手が困難かもしれません><

 私も発注して手元に届くまでかなり時間がかかったし、同時に注文した1st『Sedna』は未だに届いてません^^;

 入手希望の方は色々探す覚悟をした方が良いカモ…!?

 ちなみに1stのジャケは↓

SednaSedna
(2008/02/25)
Legenda Aurea

商品詳細を見る


 デザインは良いんだが今一つパッとしない色合い。…なんて思っていたら、現物は結構キレイだったので、おそらくAmazonが画像の圧縮率を間違えたのでしょう。

 さて、肝心の本作『Ellipsis』だが、基本的な方向性はシンフォニック・パワーメタルと思って良いのだが、プログレッシヴな要素もふんだんに鏤められており(アルバム後半は特に)、また、#5.「Discouraged」・#9.「Abscondence pt.2」等では荘厳なフォーキーテイストも感じられるし、全編に亘ってゴシカルで流麗なピアノも導入されていることから、アヴァンギャルドとはまた違った意味で「お腹いっぱい感」を味わえるボリュームのある作品になってます。

 嬢Vo.Simone Christinat(1stとは違う人です)のオペラチックな歌声も、力強さ・優しさを兼ね備えていて(当然歌唱力もグー)、なかなか魅力的なヴォーカリストだと思います。


la.jpg
(⇒Legenda Aurea - myspace


 ドラマー・Philipp Eichenberger(←この人も1stから交代しているらしい)はなかなかのテクニシャンでリズムも安定しており、BPM自体は決して高くはないが手数・足数の多いドラミングのお陰で、感覚的には本作を「疾走系シンフォメタル」と呼んでも良いように思う。

 ギターについてもザクザクの小気味良いリフを放っているし、構築手法もあまり他では聴かない斬新なものだったりする。そうかと思えばギターソロではレトロで正統なメロディーを奏でたりするので、なかなかニクい演出である。

 あまりプロモーションに力を入れている節が感じられず、マイスペで試聴できる曲も少ないし、公開されているビデオクリップもないのが残念だが(ドラマーのスタジオ・レコの映像はあるんだが…><)、Youtubeで幾つか本作の曲がupされているので、マイスペでは公開されていない疾走系チューン・#2.The Root、しっとり荘厳チューン・#9.Abscondence pt.2をご紹介↓(そのうち消されるかもしれないが)


【The Root】



【Abscondence pt.2】



 アルバム全体を通してサウンドはかなりクリアなので、大変聴きやすい音に仕上がっていると思います。

 あまり知名度はないですが、聴かれればそれなりにウケると思うので、@嬢系としてもオススメ致します†


 ちなみに話は逸れますが、ベーシスト・Michael Herkenrathが過去にゲスト参加していたりする他の嬢メタルバンド・Dysteraも今年始めにアルバムを発表してます。(⇒Dystera - myspace

 こちらの方はかなりフォーキーなテイストが濃い疾走メタル…かな?(←持ってないので知らない)


関連記事
Posted on 2009/05/30 Sat. 20:56 [edit]  /  TB: --  /  CM: 8

pagetop △

コメント

上品&ユニーク~!

案の定?というか、こちらも(やっぱり…)聴いた事ないですが…
非常に興味深いですねぇ。曲によるんでしょうが、ピアノのフューチャー度高いですね。
上品だけどユニーク?なサウンドだと思います。
時々「おっ!」と思わすフレーズあるし。
個人的にはガナッてくれたり怒鳴って?くれたら>もっと×2ウレシイ気もしますが、
そもそも志向している所がそういう所じゃないんでしょうね(笑)
(気に入りましたよ~☆)

silverwinger #- | URL | 2009/05/31 18:42 - edit

「The Root」魅力的なサウンドですね^^

正直こういうタイプの歌い方は
苦手な方なんですが
サウンドが自分よりにぐっと近づけてくれて
聴きやすいです♪

Music Spyder #Tzwnz1rc | URL | 2009/05/31 22:26 - edit

silverwingerさまへ

あんまり認知度は高くないですが、悪いアーティストではないですよ^^
(そもそも悪いアーティストは取り上げませんけどね^^;)

アルバム前半は割と正統なパワメタ流チューンなんですが
仰るように中盤辺りから「おっ!」と思わせるフレーズが沢山
出てきます!
正直なところ最初聴いた時は「イマイチかなぁ」なんて思ってましたが、
ガッツリ最後まで聴き通したら評価が変わりました†

ピアノ導入率はかなり高いです!
楽曲の3分の1ほどはゴシメタテイストと言っても良いかも
しれませんです^^

KALI YUGA #w4Ib0zSU | URL | 2009/05/31 22:54 - edit

Music Spyderさまへ

自分も昔はオペラ声苦手でしたが、ゴシックメタルを聴くように
なった今はすっかりイケるようになりましたぜd(・∀・o)

LAは結構シンセワークも巧みに組み込んでるし、割とテイストの
幅は広いカモです!
(だがさすがにオペラ声耐性は必須かも…)

The Rootのような曲をマイスペで公開していれば少しは
人気が出るかもしれませんね^^;

KALI YUGA #w4Ib0zSU | URL | 2009/05/31 22:55 - edit

はじめましてー☆

Otep『The Ascension』に
やられまくってたクチす

嬢メタルっていうんですねー

ここでいろいろ吸収させていただきます♪
またきますー

ぺぴ #- | URL | 2009/06/02 13:58 - edit

ぺぴさまへ

これはいらっしゃいませ^^
オーテップ・Ascensionとはまた良いセンスをお持ちですね!
私の中ではオーテップ嬢は神アーティストですが、特に
Ascensionが暴虐度・妖艶度共にバランスが良いと
思いますぜ!

近々アルバムが出ると思われるので、要注目です!

KALI YUGA #w4Ib0zSU | URL | 2009/06/02 22:50 - edit

忘れてた(;´Д`)

Legenda Aurea 持ってますがすっかり忘れてたw
2回ぐらい聴いて・・・それっきりでしたよ
当協会的にはパワメタ度が高いので(;・∀・)
あー前のヴォイ(2人いるけど)の1stも同じ傾向ですよ

DOJO気分ゆえベヒモスにヴェイダーは超期待Death†

†嬢メタル協会† #- | URL | 2009/06/04 02:12 - edit

†嬢メタル協会†さまへ

わはは、協会様にすら忘れられるとは、悲しみのバンドですな^^;
パワメタ度確かに高いですが、演奏はしっかりしているし、
ガッツリ聴くとかなり評価が変わりましたよ!
今後はプログレ度が高まって行きそうな予感…?

Behemoth,Vaderちょー期待!

KALI YUGA #w4Ib0zSU | URL | 2009/06/05 23:34 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。