メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

お気に入り嬢メタル10選、久々の更新☆ 

 ←サイドバーに「お気に入り嬢メタル10選」ということで10枚のCDジャケを掲載しているのだけど、掲載時点から既に4ヶ月以上過ぎており、嗜好も大分変わってきたので(特にゴシック方面を積極的に聴くようになってから)、この辺でそろそろ更新しておこうと思う。

 というか当初は1~2ヶ月くらいのローテで考えていたのだけど、ちょうど2月辺りから仕事が超繁忙期に突入してしまったため、何となくそのままになってしまっていた。

 今改めて内容を見ると、SerpentcultとかFuck the Factsとか、現時点ではとてもヘヴィロテチョイスとは言い難いモノも入っていたりする(嫌いになったとか飽きたとかいうわけではないのですが^^;)

 6月は何故か嬢メタル盤が大量に国内で発売されるので、近々このリストもガラリと変わるとは思うのだが、とりあえず今時点のチョイスを記しておこうと思う。そして目標は2ヶ月に一度の更新だ。

 後から見ると面白いかもしれないので、嗜好の変遷を残しておくという意味で以下に10選チョイスを記してみようと思う。

 なお、特に2009年に拘っているわけではないので、古い作品も混じってます。


*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*


 毎度のことですが、番号振っているのは便宜上であってランキングではありません。


Mortal Love 『I Have Lost...』 (2005/2nd)
I Have Lost
(⇒myspace
ノルウェーの正統ゴシックメタルバンド・Mortal Loveの2005年発表2nd。
嬢Vo.Catherine Nylandのこの世のモノとは思えない程甘く愛くるしいキューティーヴォイスは、聴く者を別世界へと誘います†
サウンドも程よい重低音が心地良く、シンセワークもThe Birthday Massacreを彷彿とさせるメランコリックでセンスの良い旋律が特徴的。
公式サイトの情報によれば2010年にはニューアルバム(4th)がリリースされるとのこと。実に楽しみである。
(ただ、時代が下るにつれて野郎Voの割合が増えて来つつあるのが気になるところだ)
ちなみに、まるで子猫のような(しかも上手い)猫撫で声が特徴のキャサリン嬢の愛称は「Cat」。ハマり過ぎ~><




The Agonist 『Lullabies For the Dormant Mind』 (2009/2nd)
ララバイズ・フォー・ザ・ドーマント・マインド
(⇒myspace
まさに神が降りたとしか言いようのない傑作。もはやご存知ない方はほとんどいないと思われるが、カナダのメタルコアバンド・The Agonistの2009年発表2ndである。(日本盤も出てるよ!)
ゴシック風味のメロデスとも言えるが、今回作は特にグラインドコア・ブラックメタル・クラシック等々様々なエッセンスを凝縮し、徹底的に昇華させた力作だ。
アリッサ嬢の萌え系クリーンVo/暴虐系グロウルの両刀捌きはお見事!
演奏技術も相当高いレベルにあるので、一般リスナー~コアなファンまで魅了されること必至!


Be Persecuted 『I.I』 (2007/1st)
ii.jpg
(⇒myspace/非公式
ヘヴィロテと言う程ではないのだけど、睡眠時に流していることが多いので、必然的に再生回数が多くなります。
中国の鬱系ブラックメタルバンド・Be Persecutedの2007年発表1st。
プリミティヴなサウンドと言えるが、悪魔的な香りはほとんどなく、むしろアンビエントミュージックの範疇に入れても良いかもしれません。
ザラついたギターサウンドと不思議な浮遊感のあるクリーンアルペジオが特徴的。
あまり一般向けの音楽ではないが、鬱系サウンドの好きな方は一聴の価値があるでしょう。


Sirenia 『The 13th Floor』 (2009/4th)
サーティーンス・フロア
(⇒myspace
ノルウェーのゴシックメタルバンド・Sireniaの2009年発表4th。
Mortal LoveのCat嬢にも引けをとらないキューティーヴォイスが特徴的。嬢Vo.Ailynは今作よりSirenia参加です。
レトロな歌メロ(ちょっとアイドルミュージックっぽい)が今の若い人にウケるかどうかはちょっと微妙な気もするが、個人的にはAilyn嬢の声質にはとてもよく合っていると思います。
1st&2ndは嬢主体ではないので、嬢フリークの方は要注意。


Black Like Vengeance 『Empty as the Day』 (2007/1st)
Empty As the Day
(⇒myspace
オーストラリアのメタルコアバンド・Black Like Vengeanceの2007年発表1st。
名前が覚えにくいためか、日本ではイマイチ知名度が低いのが残念なのだが、しっかりした実力に裏打ちされた本作は、音質的に難はありながらも名作と言える。
次作において音質的な面が改善されれば神盤となる可能性が高い。(ドラムが特にスゲェことやってますぜ!)
Sheri-Jesse嬢のグロウル/クリーン織り交ぜた強気なVoは、The Agonist等のファンの人は要チェックだ。ただ、声質的にはどちらかと言うとLuna MortisのMary Zimmer嬢のような猛々しい部類なので、そういう意味では萌え度は若干下るかもしれない。

(↓音量注意)



五人一首 『内視鏡世界』 (2005/2nd)
内視鏡世界
(⇒myspace
自分の中では驚異的なロングランを誇る日本のプログレメタルバンド・五人一首(海外表記は「Gonin-Ish」)の2005年発表2nd。
ジャズを基調とした丹念に練り込まれた本作は、聴けば聴く程に味を増すスルメ盤です。
演奏が上手いかと言われるとちょっと微妙な気もするが、それを補って余りある程の楽曲のスルメ性が大変良質である。
松岡あの字嬢のクリーン・グロウル併用系ヴォーカルスタイルは萌え度満点。
若干腹筋力が足りないような印象は受けるが、少なくとも吐き捨てヴォイスに萌えることができるのは、松岡嬢をおいて他にない。
超が付く程寡作なので、新作はいつになるのかまったく不明。


Iwrestledabearonce 『It's All Happening』 (2009/1st)
It's All Happening
(⇒myspace
最近知ったばかりなのだが、ルイジアナの変態バンド・Iwrestledabearonce(未だにカンニングしないと書けない…)の1st。
この記事を書いている時点ではまだそんなに聴き込めていないのだが、恐らく基調としているのはFuck the Factsのようなカオティック・コアだと思われます。が、本作はそんな狭い範疇に収まるようなモノでは到底なく、ゴシック様式もあればコミック様式(?)もある、かなり騒々しいテイストとなっております。
バカテクと言っても良いほどテクニカルな演奏が特徴。
嬢Vo.角野卓三Krystaの凄まじい絶叫シャウトは一発KO必至!
そうかと思えばクリーンVoは意外に萌え系だったりするので、演奏・歌唱共に聴き所満載な傑作。

(↓音量特に注意!)



Unexpect 『In a Flesh Aquarium』 (2006/2nd)
In a Flesh Aquarium
(⇒myspace
一時期に比べるとさすがに再生頻度は落ちて来たが、今もって良質な輝きを失わないカナダ産アヴァンギャルド系変態プログレバンド・Unexpectの2006年発表2nd。
ゴシックを基調としながらも騒々しいバカテク・変拍子が溢れる複雑な楽曲が特徴的。
一聴しただけでは何をやっているのかよく分からないので、一般的には敷居が高いと思われる作品だが、聴けば聴く程味を増すスルメ盤であることは間違いない。
嬢Vo.Leïlindelのオペラチックなヴォーカルも中毒性の高い魅力を持っている。
今現在ニューアルバムのレコーディング中なので、近いうちに3rdが発表されることでしょう。期待!


Deadlock 『Manifesto』 (2008/4th)
Manifesto
(⇒myspace
もはや解説の必要もありますまい。ジャーマンメタルの傑・Deadlockの2008年発表4th。
マイスペでも公開されている本作#2.Martyr To Scienceは、映画音楽にも使えそうなほど質の高いメロデスチューン。
ギターリフの構築もツボを押さえてあり、キャッチーさも意識した歌メロの質の高さが魅力的。
売れ線の音楽はマニアからは嫌われる傾向にあるが、Deadlockに関しては概ね高評価が得られているのではないかと思う。(もちろん批判も皆無ではないようだが)
若干サイケデリックなデジタルロックテイストも感じられる。


After Forever『After Forever』 (2007/5th)
After Forever
(⇒myspace
今年2月、惜しまれながらも解散を決定したオランダのゴシックメタルバンド・After Foreverの2007年発表5th。最終作となってしまった。
ゴシックメタルを避けていた去年までは、彼らに対して「暑苦しいなぁ」というイメージしか持っていなかった私だが、実際に聴いてみるとその暑苦しさが何とも心地良い。
壮大なバラードをエモーショナルに歌い上げるFloor Jansen嬢のヴォーカルは、ある種の神々しさすら感じさせる。
中にはパワフルな疾走チューンもあり、単なる弱々しいゴシックで終わっていないところも魅力だ。
解散は残念だが、間違いなくゴシックメタルの一時代を築き上げた巨頭と言えるでしょう。


*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*


 さて、現時点での嬢メタル10選は以上のような結果となりました。アナタの好みと被っているモノはありますでしょうか^^;

 これが果たして2ヵ月後にどうなっているのか、特に6月は発表数が多いので今から楽しみです^^

 See ya!!・*:..。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:
関連記事
Posted on 2009/06/07 Sun. 21:11 [edit]  /  TB: --  /  CM: 6

pagetop △

コメント

Deadlockはちょっと気になってました!
たしか女性のクリーンと男性のグロウルの
ツインヴォーカルだったような…
10選に入るくらいおすすめなら
一回ちゃんとチェックした方が良さそうですね^^

Music Spyder #Tzwnz1rc | URL | 2009/06/08 22:05 - edit

私のお気に入り嬢メタル

KALI YUGAさんが今回取り上げた中で、
私が現在、所持しているのは「苦悶人」の2ndと、
SIRENIAの新作のみ・・・(-_-;)

ただ最近はGWYLLIONという、
ベルギーの女性Voメタルの新作しか聴いておらず、
先の2枚は全然聴いておりません。

GWYLLON(B!誌の今月号では84点だった)は、
国内盤が出たにもかかわらず、
あんまし話題になっていないみたいですねぇ。。。
メチャいいのに一体なぜ(@_@)??

WIDOWのファン #- | URL | 2009/06/08 23:20 - edit

大量放出~!

勉強になりますね~!(大量放出!)

今日の所は未だBlack Like Vengeance>(少々)しか聴けてないけど、ドラミング>キテますねぇ。←に加えて、旋律に光るものありますし、voも好きかも^^!
(また明日以降、他バンドもチェックさせてもらいます☆)

silverwinger #- | URL | 2009/06/08 23:29 - edit

Music Spyderさまへ

そう!その通り、嬢クリーン&男爵グロウルのツインですぜ!
曲的にも嬢Vo的にも、割とすぱいだ様の気に入るタイプ
ではないかと(勝手に)思うんだが。。。

というか売れ線ですからね!
ツインVo苦手気味な私でさえDeadlockは大好き☆
質が高いですから!^^

KALI YUGA #w4Ib0zSU | URL | 2009/06/09 19:42 - edit

WIDOWのファンさまへ

あ"っっ!!思い出したっ!!!!Σ(;゚Д゚)
そうそうGwyllionですよ!
忙しい時期だったので後でしっかりチェックしようと
思ってamaの欲しい物リストに入れたっきり…忘れてた(笑
ざっと聴いた感じでもほぼ購入決定だったんですが、
改めて注文してきます†

危うく買い逃すところでした(;゚∀゚)
情報THX!!

ところで私はB!誌どころかほとんど商業誌を読まないので
(参考になった試しがないし…)Gwyllionの評価など全く
存じませぬが、自分が気に入れば世間の評価などどうでも良いかと†
(特に日本人は自分の感性を押し殺す傾向にあるようだし…)

KALI YUGA #w4Ib0zSU | URL | 2009/06/09 19:46 - edit

silverwingerさまへ

いや~まあ、大量放出というか、自分の好きなモノを
羅列しただけですけどね^^;
silverwinger様のような玄人向けと言えばやはり
Black Like VengeanceやIwrestledabearonce辺りを
オススメ致します†(アゴニストは当然として…)
特にIwrestledabearonceは変態度高いでっせ!

KALI YUGA #w4Ib0zSU | URL | 2009/06/09 19:47 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。