メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Gallhammer - 頑張れ日本の女子メタル!! 

 以前ある方から情報を頂いてすぐにCDを注文したのだが、それから待つこと約半年…ようやく手元に現品が届きました。(←マジ話) 多分受注側も注文を忘れていたのだと思うが、何より私自身が忘れていたのでw、届いた時には何のCDなのか一瞬思い出せませんでした^^;(決して入手困難ではない…はず)

 …というワケで、今現在は活動休止に入っている日本の嬢メタルバンド・Gallhammerの2nd『Ill Innocence』を入手致しました↓

Ill InnocenceIll Innocence
(2007/09/24)
Gallhammer

商品詳細を見る


 このアルバムのリリース&その後のヨーロッパツアーを最後に活動を一時停止したままなのですが、ヴォーカル(&ベース)嬢・Vivianの運営する公式ブログの放置具合を見ると、どうもこのまま消えて行きそうな厭ぁな予感も…?(;゚∀゚) 個人的には大好きなテイストなので、是非とも活動再開して欲しいところ。(頑張れニッポン!)

 正直に言うと演奏技術は二流だし、音楽性もとても一般向けとは言えないのだが、醸し出す負のオーラだけは半端じゃないです。のっぺりと潰れたベースにノイジーなギター。ヴォーカルに至っては病んだ精神を吐き出すかの如き鬱系デスヴォイス。

 意外にパンクなテイストも盛り込まれているので(クラストパンクと言うのか?)、一概に彼女達の音楽をカテゴライズすることは難しいが、全体的なイメージで言えばブラック/ドゥームだと思う。

 1st『Gloomy Lights』は特にドゥームの傾向が強かったのだが、今回作はブラック・パンクのテイストにも結構力が入っているように感じました。

 ただ、やはりこのバンドの魅力は何と言っても病んだヴォーカル・Vivianです!(あ、日本人ですよ一応…^^;)

gh.jpg


 クリーンな歌声などほとんどなく、「吐き捨て」と言うよりは「吐き出し」型のガテヴォイスで只管鬱オーラを撒き散らしてます。

 一般ウケする要素など何一つない彼女達ですが、病んだ音楽・病んだ嬢ヴォーカルが好きな方には激しくオススメします。(私は当然大好きdeath!)

 重く陰鬱な中にも、アンビエントを匂わせるギターサウンドがあり、この辺り中国のBe Persecutedに近いモノがあるかもしれません。

 ↓は当アルバムより#8.World to Be Ashesの映像。実はこっそりサイドバーのプラグインにも仕込んでたりするので、暇だったら探してみて下さいw





 ちなみに1stのジャケは↓


gl.jpg


 Vivian曰く、1stのイメージは「憂鬱な中にある僅な希望の光」。2ndのイメージは「真っ白な光の中で見る絶望・恐怖・失望」とのこと。

 光が見えるかどうかは人それぞれだと思いますが、マイナスのエナジィに引き寄せられがちな人は是非ともお試しあれ。。。


Gallhammer - myspace
Gallhammer - official
Vivian Slaughter - official blog
関連記事
Posted on 2009/08/19 Wed. 23:48 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

コメント

アンニュイ~!

確かにアンニュイに鬱々してますね~。
(ボーカルもサウンドとの相性よろしく魅力的ですねぇ)
こちらのvideoを拝見する限りは海外の人にもウケそうな気がしますね~。
退廃的エキゾチズム>な印象を持たせるのではないかと。

他にもどの様な曲を作っているのか興味ありますんで、
追ってcheckさせて頂きます~^^!

silverwinger #- | URL | 2009/08/20 23:17 - edit

silverwingerさまへ

近頃ご無沙汰気味で申し訳ないっす!><
メタル談義には加わりたかったのですが、書き始めると20行近い
コメントになってしまい、ちょいと遠慮してしまいますた^^;

Gallhammerはですね、仰る通りむしろ海外でのウケの方が
良いのです><
日本でもそれなりに知られてはいるみたいですが、アンチの方も
相当数いらっしゃるようで、評価はほぼ二分状態です…
(かく言う私自身↑記事で「二流」とか書いてるし…)

ある意味嬢メンバーだから得をしている部分も確かに有り、
これが漢メンツのメタルだったら見向きもされないだろうなぁ~
と思うコトはありますw

だがアーティストとしてのメンタリティはなかなか良いモノを
持っていると思うので、引き続き応援したい所存†

KALI YUGA #w4Ib0zSU | URL | 2009/08/22 21:27 - edit

ナットクです~!

いやいや、お気になさらず~m(_ _)m

でも、…そうですか、20行ですか!
折角なので、又いつか機会があって気が向かれたら?
こちらでもどこでも(アレでもソレでも?)
お知らせ頂ければ嬉しいなぁと思ったりしますが、
でも、全く強要は致しませんデス~。

そして、こちらはやはり海外でウケいいんですね。
ナルホド~、納得です^^!
ムードは持っているとオモイマスし、それが強みですよね。

silverwinger #- | URL | 2009/08/23 19:19 - edit

silverwingerさまへ

私の場合悪い所は、文章書き始めると話がどんどん違う方向に
行っちゃうんですよぅ^^;
事実当ブログの記事にしたって、当初の意図通りに書けたコトなど
ただの一度もないし(笑
だから20行と言っても大半は音楽に関係ない話だったりするんですw

ところで日本のリスナーって、仰るような「ムード」とか表現内容
よりも様式に拘る人が多いですよね。
コアなリスナーになればなる程、ドラムのリズム形式がどうだとか
ギターリフの組み立て方がどうだとか…
最近よく思うんですが、↑Gallhammerに限らず、日本での評価と
海外での評価が全然違うアーティストって結構いると思うのです…

まあ、Gallhammerについてはとりあえず、「まず何よりも復帰してくれ」
と強く願うわけですが(笑

KALI YUGA #w4Ib0zSU | URL | 2009/08/23 23:35 - edit

ふむふむ・・・

うーん、「聴き方」に関してですね。
それについて考えてみるも興味深いテーマですね。
(ふむふむ。)

(個人的なコトを言えば)勿論、ディテールも
気になりますが、表現の様相とか表現されたものから
受ける(結果としての)印象とかが結構?気になる方かも
しれません。

> まあ、Gallhammerについてはとりあえず、「まず何よりも復帰してくれ」
> と強く願うわけですが(笑
そうでした…今は活動していないんですよね…。
【願】復帰~!

silverwinger #- | URL | 2009/08/24 22:31 - edit

silverwingerさまへ

メタルというのは多かれ少なかれ「アンチテーゼ」
を打ち出すものですが、海外ならともかく日本では
共感を得るのは難しいだろうな~と実は思ってます。

例えばブラックメタルは神に対するアンチテーゼである
コトが多いわけですが、ご存知の通り日本は神と言ったって
それこそ八百万もいますからね(笑

アンチテーゼが成り立つためにはテーゼそのものが
しっかりしているコトが前提なんですが、日本の場合、
社会的にも宗教的にもそれらは曖昧であるコトが多く、
必然的にアンチテーゼも曖昧にならざるを得ない…
といったような事情はある気がします。

結局のところ日本人にはブラックメタルの掲げるテーマ
は分からないのだと思います。(当然私もですが^^;)
だからこそリスナーは様式やカテゴリに拘らざるを得ない
のではないかと…

う~ん、やっぱり長くなる^^;
とりあえずギャルハマーは要チェキですぜ(笑

KALI YUGA #w4Ib0zSU | URL | 2009/08/26 22:36 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://432000.blog24.fc2.com/tb.php/202-d6ea7d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。