メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Decadence 『Chargepoint』 - 中途半端はイクナイ(`・ω・´) 

 いつの間にかリリースになっていたスウェディッシュスラッシュメタル・Decadenceの4th、『Chargepoint』↓


チャージポイントチャージポイント
(2009/10/14)
デカダンス

商品詳細を見る

Decadence - myspace


 「聴けばテンションは上がるが、毒気がないため中毒性もない」

 これが私のDecadence理解なのだが、今回もそれはさして変わらず。(メンバーは代わったみたいだけど)

 「メロディック・スラッシュメタル」と世間では評価されているようだが、なるほど確かにメロディアスなリフを伴う疾走パートは「おっ!」と思わせるが、ミドルテンポのパートがツマランのは前作同様。

 1曲目2曲目まではキレのあるリフで疾走する良好チューンで良いのだが、3曲目以降がイクナイ(`・ω・´)

 特にアルバム後半は「パワメタっすか?(´Д`;)」なテイストで、正直名盤とは言い難い ぜよ…。(あくまで個人的見解ですので…)

 前作が世間的に高評価だったのを見ると(←コレがそもそも私には信じられんのだが…)、本盤も多分好印象を以て迎えられるのでしょう。

 だがここで私はあえて、Kitty嬢のもう一つのプロジェクトであるTriton Enigmaを推したいと思う↓(2008年盤だけど)


Black Lies / Triton Enigma
April 15th, 2008

Black Lies - Triton Enigma


 何故か全然注目されていないし、今作日本盤のライナーにも全く記されていないのだが、ほとんどブラックメタルに近いようなメロデスで、Decadenceよりよっぽど中毒性が高く良質だと私は思ってます。(実際今も頻繁にリピートしますしね)

 早い話がArch Enemyの暗黒版なのだが、私のようにスラッシュよりもデス・ブラックに惹かれやすいという人には断然こちらをオススメします†


 …というワケで、Decadenceに関しては今回ちと辛めの評価になってしまいましたが、↑にも書いた通り、メロディを伴って疾走するパートは大変心地良いので、購入する価値が全く無いとは言えないと思います。

 ただ3000円近く出してまで買うほどのモノだとは到底思えないので、気になる方はiTunes配信を待つのも一つの手かと。(実際そんな大したブックレットでもないし、ライナーも面白くないので)
関連記事
Posted on 2009/11/03 Tue. 13:00 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://432000.blog24.fc2.com/tb.php/226-e1651fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。