メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Chthonic 『Takasago Army/高砂軍』 

嬢Voではないが、Doris嬢のファンとしては語らねばなるまい。



台湾のシンフォニックブラックメタル、Chthonicの『Takasago Army/高砂軍』。Chthonicもいつの間にやら大御所になったもんだ。

Takasago ArmyTakasago Army
(2011/07/06)
ソニック

商品詳細を見る


Dimmu BorgirやCradle of Filthと同じように、Chthonicもまたブラックメタルという枠からは離れつつある。が、私はそれで正解だと思う。

本作はぎりぎりメロブラと言って言えなくもないが、やはりカテゴリ上はメロデスの方が近いだろう。

痛み・恐怖・哀しみといった要素だけでなく、美しさ・幽玄・民族といった多様な表現を希求する彼らのようなアーティストにとって、ブラックメタルという枠は狭過ぎる。(かく言う私自身はブラックメタル大好きなのだが)

鳴くような艶のある二胡の音色は当然健在だが、今作では更に琴や尺八といった東洋楽器の音色が随所に鏤められている。これがメタルとの相性が非常に良く、ノスタルジックなアジアンテイストが倍加されているのみならず、悠久の大地を想起させる空間的広がりを曲に与えている。

不思議なことに、11月11日現在Amazonの該当ページには7名のレビューが掲載されているが、一人として琴や尺八については触れていない。他アーティストとの比較のみならず、Chthonic自体の過去作と比較する上でも重要なキーポイントのはずなのだが、何故だろう。一聴すればその特徴には気が付くはずなのだが。(何せオープニングから仕込まれているのだし)

それにしても、私は前作『Mirror of Retribution』がChthonicとしての完成形だと思っていたのだが、そこから更に高みに昇るとは思いもしていなかった。演奏技術も向上しているし、とりえあえず本作に隙はない。

一言で言おう。本作は名盤である。


P.S.冒頭でDoris嬢について触れておきながら、本文では全く言及しなかった。というかできなかった。近年のDorisのバッキングヴォーカルはほぼ皆無になってしまったが、本作に唯一不満があるとすればその点だろうか。



Chthonic@Myspace
Chthonic@Facebook






関連記事
Posted on 2011/11/11 Fri. 23:22 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://432000.blog24.fc2.com/tb.php/276-cbadf015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。