メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Kittie 『Funeral for Yesterday』 

 メタルコアという言葉が具体的に何を指すのか僕はよく解らないし、多分明確な定義もないのだろう思う。

 人によって解釈は様々だから、例えばThe Agonistのようなデスメタル寄りのバンドも含まれるだろうし、Flyleafのようなポップ路線のアーティストも含まれるかもしれない。あるいはヒップホップ系のVelcraなんかも含まれるかもしれない。

 いずれにせよ、ただ一つはっきりしているのは、どのバンドも僕は大好きだということだ。

 さて、そんなメタルコアのバンドの中から、今回ご紹介するのはKittieというバンドの作品だ。

Funeral for YesterdayFuneral for Yesterday
(2007/02/20)
Kittie

商品詳細を見る


 2007年にリリースされた、現時点で最新の4thフルアルバム『Funeral For Yesterday』である。

 上述のように、メタルコアというジャンルには様々なアーティストが含まれるものの、女性をヴォーカルに据えるバンドは数少ない。そんな中でメンバー全員が女性というこのバンドはかなり稀有な存在だと思う。

 Kittieというのは96年頃にカナダで結成されたバンドで、上述のとおりメンバーは全員女性である。
 音楽性については、最近でこそ歌メロに転換してきたが、元々はOtepに匹敵するようなゴリゴリのメタルサウンドを特徴としていた。

 前作『Until The End』で歌メロへの転換が窺え出したが、今回の『Funeral for Yesterday』でその傾向はより強くなった。

 どのバンドも、年を経るにつれてデスヴォイスや絶叫ヴォイスは減少していくものだ。

 ファンの反応も様々あると思うし、僕自身も本当はゴリゴリのメタルサウンドに女子の絶叫ヴォーカルという組み合わせが好みではあるのだが、個人的にKittieのこの方向転換は大成功だとも思っている。

 スタート曲Funeral for Yesterdayからヴォーカルのモーガン・ランダーの甘い歌声が響き渡る。

 歌声の特徴を言葉で表現するのは難しいけど、丸みのある柔らかい声と言うか、少女のような可愛らしい歌声だ。日本のアーティストで言うなら、例えば声優の林原めぐみとか、工藤静香なんかが近いんじゃないかと思う。

 #2.Breathe、#3.Everything That Could Have Been、#4.Slow Motionと、メロディアスな楽曲が続く。ただし、ギターリフのサウンドは割と重めだ。

 そして#5.Will To Live。僕はアルバムの中ではこの曲が一番気に入っている。

 どこまでもポップでメロウな曲である。初めて聴いた時はレベッカを思い出した。曲調もレベッカの往年の名曲『フレンズ』をメタルバージョンにアレンジしたような雰囲気で、モーガンの甘い美声が一番よく映える名曲だと思う。

 ここまでは9割方クリーンヴォイスの楽曲が続くが、#6.Never Againからはデスヴォイスが徐々に入り始める。

 クリーンヴォイスは甘い美声、デスヴォイスは吐き捨て型のパワフルなシャウトという、まさに声のマジシャンである。

 一番彼女の特徴が現れているのは#11.This Too Shall Passだろう。本当に同一人物が唄っているのかと疑ってしまうような見事な声の切り替えである。

 Youtubeに動画があるので以下に紹介しよう。

【This Too Shall Pass】


 プロモーション映像なんだか、ただライブ映像を繋いだだけなのか判然としない動画だが、音は割と綺麗に入っているので良しとしよう。


 さて、ここまで個々の楽曲紹介をしてきたが、アルバム全体を通した印象では、80~90年代のちょっと懐かしさを感じる歌メロにメタルなアレンジをスパイスしたような、絶妙なバランスを持った作品だな、と感じた。ヴォーカルのモーガン・ランダーの魅力が一番発揮された作品だと思う。

 ただ1点残念だったのは、演奏陣にやや不安が残るところだ。特にドラムのメルセデス・ランダーのバスドラムは、ちょっとバタついてて気になった。普通に叩けば十分上手いのだから、無理してツインペダルを踏むことはないんじゃないかな。


 最後に、このアルバムで僕が一番気に入った『Will To Live』の動画を紹介しよう。
 (動画というよりほとんど音声ファイルだが)

 埋め込み無効のファイルのようなので直接アドレスを記す。

 http://jp.youtube.com/watch?v=cUOIBWolQiQ



Funeral for Yesterday
Kittie
(キティ)

#1.Funeral For Yesterday
#2.Breathe
#3.Everything That Could Have Been
#4.Slow Motion
#5.Will To Live
#6.Never Again
#7.Sweet Destruction
#8.Summer Dies
#9.Flower Of Flesh And Breed
#10.Around Your Heart
#11.This Too Shall Pass
#12.Last Goodbye
#13.Witch Hunt
#14.The Change

Kittie - myspace
Kittie.com
関連記事
Posted on 2008/10/12 Sun. 00:02 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。