メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Kittie 『Spit』 

 前の記事でも少し触れたが、絶叫ガールズメタルバンドKittieの1stアルバム『Spit』と2ndアルバム『Oracle』をやっと手に入れた。

 ここ数日繰り返し聴き込んでいたが、僕の中での彼女達の評価は3rd『Until the End』・4th『Funeral for Yesterday』を初めて聴いた時以上に急上昇している。かなりイイですよ、これ。

 一応おさらいしておくと、Kittieというのは1996年頃にカナダで結成されたメタルコア系統のバンドで、ゴリゴリのパワフルなサウンドからはとても想像しにくいが、メンバーは全員女性である。

 演奏テクニックは残念ながらピカイチと言えるほどのレベルではないけど、サウンドの力強さと併せて、何と言っても魅力なのは絶叫シャウト・デスヴォイス・クリーンヴォーカルを変幻自在に操るモーガン・ランダーのマルチなヴォーカルスタイルである。

 デスヴォイスの力強さはArch Enemyアンジェラ・ゴソウにも匹敵するし、高音域でのシャウトはIn This Momentマリア・ブリンクにも匹敵する。それでいてクリーンのヴォイスは幼さの残る柔らかい美声で、日本のアーティストで言うと工藤静香に近いような甘い声だ。こんな両極端の声を一人の人間が持っているなんてある意味ずるいと思う。

 僕がKittieを知ったのは今年のことで、初めて聴いたのは4thアルバムの『Funeral for Yesterday』だった。そのアルバムではクリーンヴォイスが主で、楽曲もキャッチーでメロウなものが多く、その時はKittieがまさかこんなにパワフルでアグレッシヴなバンドだとは思わなかった。

 前置きが長くなったが、『Spit』のレビューをさせて頂こうと思う。

Spit(1st)Spit(1st)
(2000/01/11)
Kittie

商品詳細を見る

 上述したとおり、ミレニアムにリリースされたKittieの1stフルアルバムである。

 サウンドは重みのあるザクザクしたリフが中心で、モーガンのヴォーカルは地声を残したままの高音域シャウトがメインで、デスヴォイスとも絶叫シャウトとも違う迫力がある。CoccoとかYoujeenとかの悲鳴のようなシャウトに近い感じだ。人によってはちょっとキツイと感じるかもしれない。僕も実は最初聴いた時はちょっと耳を塞ぎたくなった。でも、これが聴いているうちに段々心地良くなってくるから不思議だ。

 クリップじゃないけど、Youtubeにユーザー製作のスライドショーがアップされているので、実際に聴いてみて欲しい。序盤#1.Spitだ。アルバムタイトルにもなっているとおり、もうこの曲がアルバムの全てを表していると言ってもいいと思う。

【Spit】

ブロンド短髪のモーガンはF1ドライバーのキミ・ライコネンにちょっと似ている気がする。

 どうだろう。完全シャウトしたいのだけどテクニックが追い付かず中途半端になったのか、それともあえてこのような声を出しているのか。どちらなのかはちょっと判断がつきかねるが、結果的には絶妙な声使いになっていて、ある種の狂気すら感じられるとてもイイカンジのヴォーカルになっていると思う。

 個人的にこのアルバムで一番好きなのは#5.Brackishだ。パンキッシュなリフに張りのあるモーガンのクリーントーンが伸びていて、メタルなのにどこか可愛らしさを感じさせるナンバーである。

【Brackish】

微妙なヘタウマ感がかえって可愛らしいじゃないですか。

 実はもう1曲、#11.Paperdollを紹介したいと思って動画を色々探していたのだが、Kittieのユーザー製作動画は何故か死体の絵とか出血してる体の映像が多いので、ここに載せるのはちょっと躊躇してしまう。

 モーガンが普通のヴォーカリストとしても結構な実力を備えていることが窺える名曲なのだが、ここに載せるのはやはり控えよう。上の2曲を聴いてみて興味を持った人は是非YoutubeやMyspaceでPaperdollを探してみて欲しい。できればロックバージョンではなく、アルバムバージョンの方が声がよく聴き取れる。

 アルバム全体の印象としては、荒削りゆえの力強さがあって、またモーガンの美声の片鱗も窺える結構いいバランスの作品じゃないかな、と思った。

 演奏陣のテクニックも荒削りではあるが、無理してテクニカルに走ってもいないので、落ち着いて聴けると思う。

 若干パンクのテイストも含まれているような気がするので、聴けば意外と幅広く受け入れられるような気がする。

 あんまり日本では知られてないけどね。



Spit
Kittie(キティ)


#1. Spit
#2. Charlotte
#3. Suck
#4. Do You Think I'm a Whore
#5. Brackish
#6. Jonny
#7. Trippin'
#8. Raven
#9. Get off (You Can Eat a Dick)
#10. Choke
#11. Paperdoll
#12. Immortal

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
関連記事
Posted on 2008/10/30 Thu. 00:48 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。