メタルな世界@嬢系

 

~嬢系音楽を愛でてゆこうではないか~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Velcra 『Between Force And Fate』 

 初めて自宅以外の場所から更新。自宅以外のネット環境がこうも快適だとは驚きである。スイスイですよスーイスイ。

 記事を投稿したらお世話になっているサイトさまの応援に伺うことにいたしませう。

 さて。

 まともなCDレビューをするのは随分久しぶりな気がするが、Velcraの2nd『Between Force And Fate』である。

Between Force and FateBetween Force and Fate
(2005/10/10)
Velcra

商品詳細を見る


 Velcraとはフィンランド出身のアーティストで、ジェシー・フレイという女性ヴォーカリストによる力強いラップと若干のシャウト、及び高音のよく伸びる美しいクリーンヴォーカルが魅力である。

 …のはずだったのだが、今回の作品ではクリーンヴォーカルは陰を潜め、ジェシーのヴォーカルはより低くより太いシャウト・ラップがメインになっている。

 楽曲の傾向も更に攻撃的になっており、ヒップホップ色の強かった前作と比較するとメタルな色合いがだいぶ増したように感じられる。

 歪みの強いメタリックなリフにパワフルなラップ&シャウト。

 当ブログのテーマ的には喜ばしい限りである。…のだが、何かが違う。

 この違和感は何だろうと考えたけど、結論としては「ジェシーの魅力は1stにこそある」のだと思う。

 誤解のないように言っておくが、良いか悪いかと言えば良作だし、好きか嫌いかと言えば大好きな作品である。

 ただ、1stと聴き比べるとパワーは増したが魅力は減ったような気がしてならないのである。

 一応注目曲としてはヘヴィネス路線の#1.War is Peace、#3.Our Will Against Their Will、及び不気味な雰囲気の漂う#5.Memory Loss、#7.The Bong Song辺りだろうか。

【Our Will Against Their Will】

出席取る時にこんな返事をしてくれたら教師もさぞ嬉しかろう。ッハァイ!

【Memory Loss】

公式HPに貼ってあるからPVだと思うが、どうも怪しいな。

 総評としては上述したようにヘヴィネス重視のヒップホップ。減ったとはいえクリーンヴォーカルも全然ないわけじゃないので、1st『Consequences Of Disobedience』が好きな人も、買って損することはない作品だと思う。

 ただ、1stと2ndどちらを買おうか迷っている人には、1stの方から購入することをお勧めする。



『Between Force And Fate』
Velcra(ヴェルクラ)


#1. War Is Peace
#2. Water Is Getting High
#3. Our Will Against Their Will
#4. For My Loneliness I Pay
#5. Memory Loss
#6. I Can't Tell the Sun from the Moon
#7. Bong Song
#8. Corruption [Live]
#9. Hotel Alcatraz
#10. Wonderland Sunrise



Velcra 日本公式サイト
Myspace

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
関連記事
Posted on 2008/11/23 Sun. 20:11 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。